2011/3/6

【LIVE】ギター文化館  ライブ記録
日中ギター文化館にて演奏。
オカリナ奏者野口喜広さんのバック演奏と、朗読(劇)の白井啓治さんとのセッションであります。

この日の空は、とても澄んでいて美しい景色が広がっていました。
自然に恵まれた中に建つギター文化館、心が透明になる感覚でいつも演奏出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

白井さんは、少々体調不良との事で車椅子での参加。
でもしっかりとした響く声を出されていて、さすがだなと感じました。
文化館の高い天井から降ってくる音の粒、今日もキラキラと輝いて体を包み込んでくれます。


クリックすると元のサイズで表示します

オカリナと朗読というテーマのコンサート。
比較的年齢が高いお客様かなと思っていたのですが、小さいお子さんから高齢の方まで幅広いお客様が足を運んで下さいました。

コンサートは2部に分かれていて、それぞれオカリナのコンサートの合間に朗読が入る形式。
完全生音ですので、音量バランスを取るのにとても神経を使います。
オカリナの音色は、鳥のさえずりや人の声のよう。
私のギターは鉄弦ですので、あまり鋭い音になり過ぎないように気をつけて。
また鍵盤の方(奥様)もいらっしゃるのですが、主に効果音的な演奏をされるので、バッキングの芯の部分やリズムは私の担当。
責任重大ですね(^^;

でも実際コンサートが始まりますと、
「まあ何とかなるでしょ♪」
という能天気な性格が表に出てきまして、実に楽しく演奏してきました。
何より楽しかったのは、我々の演奏に合わせてお客さんが歌うコーナー。
覚えやすいメロディーもあって、皆さん歌詞を見ながら歌われます。
でも恥ずかしさもあって、中々声を張り上げる事って出来ないですよね。
ちょっといたずら心が芽生えまして、ピックに持ち替えて少しずつギターの音量を上げていってみました。
すると釣られて歌声も大きくなる。
誘導大成功(^皿^v
最後は結構な声で歌われていましたね。
皆さん、良い表情で歌われていたので嬉しくなります♪

そうそう1部と2部の間で行なわれた、『5分で作るオカリナコーナー』が面白かったです。
もちろん焼くところまでは出来ないのですが、土をオカリナの形にして、中をくり貫いて穴を開けて、あっという間にオカリナ(原型)完成。
立派に音も出ます、調律も完璧な”C”でありました。
これにはお客さんも拍手喝さい、子供達の目がキラキラでありました^^b


生音のコンサートは、普段やっているエレクトリックなライブとは違った発見が多数あります。
非常に充実した1日でありました。



そうそうコンサート終了後、外でタバコを吸っていたら帰り道のお客さんとばったり。
結構な年齢の方です。
その方が話しかけて下さり、
「あなたの演奏中の笑顔がとても良かったよ^^b」
と言ってくれたのがとても嬉しかったです。
ありがとうございます!



またいつか、皆さんにお会いできます事を願っております。
素敵な時間をありがとうございました!
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ