TSU-KA☆SA&なか☆ぴーの大江戸歌日和

普段はリーマン、時々歌う週末アーチスト。江戸っ子TSU-KA-SA(別名なか☆ぴー)の日々のたわごと・・・

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nakapi
>KEIKOさん
コメントありがとうございます。43のエチュードの方は良く知らないのですが、多分コストは初級者向けでもかなり音楽的にはこだわって書いていたのではと思います。まさにロマンチックな音楽性が身に付きそうですね。頑張ってくださいね!
投稿者:KEIKO
こんばんは(^^)
コストで検索してましたらこちらに・・
コスト、実はエチュードの中で1番好きなんです 今は一つしたのランク(ゼンオン)43のエチュードを後3つ残す所まで来ました
ロマン時代の甘い旋律と結構、初級から対位法も含まれていて、音楽的です
上の25へ行く前にカルカッシとアグアド、ソル25(20)が立ちふさがってます ((((((^_^;)
ボチボチとやって行きたいです
投稿者:nakapi
私も小原の青本は一通りやりました。あれは定番ですね。
師匠いわく、「コストのエチュードは演奏会でも使える内容の曲」だそうです。確かに単純なメカニカルな曲ではないのですが、演奏会にかけるとなると、そこまで仕上げるのがやっかいてす。
好みは別にして、メルツの「エレジー」や「愛の歌」なんかは良いと思いますが・・。

ヴィラロボス、逃げないで挑戦してください(笑)。
投稿者:ひめ
コストやメルツの作品は、小原の青い教本に載っていたロマンス(メルツ)と舟歌・ニ短調のエチュード(コスト)以外は弾いていません。
やっておくべきかな・・・
オススメがあったら教えてください。

エチュードもカルカッシ25とソル20(セゴビア編)以外は、ブローウェルをちょこっとやったくらいなんです。
最近師匠の口から「ヴィラロボスの・・」と言う言葉が出ているのですが、逃げています。
やっておくべきなんだろうな、とは思うのですが、ヴィラロボス、苦手なもので・・・


http://blog.goo.ne.jp/vitaminajp/

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ