TSU-KA☆SA&なか☆ぴーの大江戸歌日和

普段はリーマン、時々歌う週末アーチスト。江戸っ子TSU-KA-SA(別名なか☆ぴー)の日々のたわごと・・・

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:なべりん
おお、なか☆ぴーさん、レポートありがとうござい
ます。
おっしゃるイメージは、私が想像していた演奏に近
いようです。
いちど生で聴いてみたいと思います。

http://maf01557.cocolog-nifty.com
投稿者:nakapi
はい、確かにグスマンは大柄な女性でした(笑)。右手のタッチは、伝統的なタレガ式のあのフォームではなく、手首をまっすぐに、弦に対してやや斜めに入り込むタッチで、指の根元の関節から動かす・・という現代的な合理的フォームと言えるでしょうか。
CDでも感じましたが、音色はやや硬質で、いわゆる美音という感じではなく、音楽の作り方と堅牢なテクニックで聴かせるタイプだと思います。
バッハの曲の最後の和音を親指でジャラーンと弾きおろすのは、なんか独特でした。
投稿者:なべりん
おお、グスマン行かれましたか。
近畿圏でも、豊中や滋賀でコンサートがあったので
すが、予定が合わず行けませんでした。
豊中は大野さんのところで、山下和仁さんとのチ
ケットとグスマンをセットで買えば割り引きがあっ
たのですが、残念です。
ビデオでは、大柄の女性で、長い指でがっしり捉ま
えて弾く、といったイメージが個人的にあります
が、実際に見たなか☆ぴーさんの感想はどうでした
か?

http://maf01557.cocolog-nifty.com

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ