2021/4/2

あさつき 卵とじ  

 先日の「ふきのとう 天ぷら」に続いての話です。

 何年か前にお隣のおばぁちゃんちの畑からもらった“あさつき”の何本かを、うちの畑の端に植えておいたところ、その後毎年たくさん芽が出て、収穫しては食べ続けてきました。

 今年もそんな季節になり、刈り取って、卵とじにして胃の中へ・・・。

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

 やはりこうした匂いのきつい“葷”ものは、例え“葷酒山門に入るを許さず”と言われても、こうして家庭で味わえることは、何か元気が少しでも出てくる気がしますよね。

 僕らはこの“あさつき”を口にするたびにいつも、いただいたその亡きおばぁちゃんに心の中で、ありがとう!と言っています・・・・

 ・・・・ます、ます、ますますコロナもオリンピックもミャンマーも 混迷を深めてきていますよね。
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ