2021/1/16

あぁ・・・  

 今日は悲しいブログになってしまうことをお許しください。

 僕はこれまで作品を長い間作り続け、そして人に見てもらってきましたが、今日ほど作品にまつわることで悲しい思いをしたことがありませんでした・・。

 このうちのブログを3.4年前からよく見てくださる方の中に、僕がもう45年位前に大田区の大森に勤めていた頃に教えたOさんがいます。当時彼女は小学5年生か6年生だったと思います。
 
 現在は川崎市に住んでて、時々ブログにコメントを入れてくれたり、また一昨年の暮れには僕らが中目黒で展覧会を行った折、訪ねてきてくれ楽しそうに作品を見てくれました。また僕が単車で通勤していたことも懐かしく語ってくれました。
 僕は当時担任ではなく、図工のみ週一回だけの専科という立場でいたのですが、約45年ぶりに出会ったのに、Oさんの顔と名前(旧姓)がすぐわかりました。


 そして今年になってつい先日Oさんが電話をくれ、一昨年の展覧会場で、作品を求めたかったけどできなかったので、今日お願いしてもいいですかと尋ねるのです。

 彼女曰く、僕の作品には“癒やし”と“励まし”の二つがあるので、それぞれのタイプをぜひと。

 そんな話に僕もこの子(いやもう息子さんが勤めている立派な働く母親ですが)は僕の制作の目的というか趣旨を十全に理解してくれているんだなぁと、むしろ感動したのです。そんな風に言ってもらえて嬉しかったですね。

 そして今月末くらいまでに2点僕に選んで送ってもらえないかと言うので、僕は先の展覧会に展示した作品(励まし系)とまだ一度も公にしていない昨年作ったばかりの作品(癒やし系)を送ることにしたのです。

 なんとか荷作りを終え、約束より早く送れると思い、先日のブログにも載せたうちの干し柿もプレゼントとしていくつか入れました。

 そして今日(1月16日)に届くからと、彼女の心配していた支払いの話などもメールで連絡して、昨日宅配で送り出したのです。

 そして、そして、今日16日の夜、Oさんの息子さんから突然電話があり、なんとそのOさんが今朝早くに自宅で亡くなったとの知らせ!

 えーっ!! とビックリしました。言葉も出せませんでした。

 そういえば先日、Oさんは電話で自分の体調が悪いけど、このコロナ禍でなかなか病院に行きづらくなったと語っていました。息子さんに伺うと子宮ガンで闘病していたのだとか。まだ60にはなってないでしょうし、息子さんとの二人暮らしのようでした。

 なんとなんと・・・Oさんは僕の作品が届く何時間か前に、作品も見ずに亡くなってしまったのです。


 あぁ・・・なんてことだと、心の整理がつきません。昨日には、「明日、作品が届きますよ」とメールをしあったのに・・・。Oさんは返信で、とても楽しみにしてくれていました。

 
  ・・・何かこれ以上は書けませんので、このくらいにします。


 昨日、作品を送り出す前に、その2点の写真を記録的に撮ったものを、“Oさん安らかに!”と祈る気持ちで載せます。

 

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

                                合掌
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ