2020/11/30

“流浪の民” てか  

 これは昔々のお話です・・・ではなくて、現在の我が家の状況です。

 寒さが増してきたので、いつもならば仕事場でそこの薪ストーブを焚いて、制作活動をしてるのですが、このところはつい四六時中、狭いのですが、暖かいストーブのある居間で作業する習慣となってしまっています。

 すでに切ってある板に着彩の段階なので、そんなことができるのですが。

 しかし、時間帯によっては手元の光の関係で、ちょうどいい場所を求めて、昼間、夜、そして保管場所と、作業の机ごと室内をあっちこっちへと動きまわることとなります。
  
 ま、それもいいかと室内流浪生活を楽しんでいます。

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

 けれどこの頃の自粛生活は室内での用事が何かと多く、その居間にいる故に家庭内の用事が次から次へと言い渡され? 作業の椅子の暖まる時が少なく、自分が立って、流しや物干しや、隣のサンルーム、納戸としょっちゅう動き回る民となっている次第です。ハハハハ。

 ま、それもいっか・・・・

 ・・・・っか、つか、つか、塚、塚田君は元気かな?まだスペインや南米を訪ねる夢を持ち続けているかしらん。 
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ