2020/7/18

教室再開  

 クリックすると元のサイズで表示します

 3月からお休みとしていた、僕がみている“大人のための造形教室”を今月から再開しました。互いの席の間をあけて・・(実は部屋が広いので元々間隔は大きくとっていましたが)。

 月2回の信州国際音楽村での施設を借りての教室ですが、生徒も熱心で、これまで休みとしなくてはならなかったのは残念でした。
 
 その休みの間は“ライン”を用いて「鑑賞」の場として、いろんな現代の作家を取り上げて僕がその作家の作品などの解説をして、その都度生徒からも様々な感想や意見も出て、普段は実作の教室でしたので、そんな試みもとても有意義でした。生徒からも大変刺激になり、視野も拡がったと言われました。

 後で自分でも驚きましたが、4ヶ月で何と22人の自分好みの画家や彫刻家、版画家などを図録(展覧会で見ているので)の写真を用いて語りました。僕自身もこれまでの自分の軌跡を振り返っているみたいで、とても意義がありました。自分にとってもやって良かったです。今になると、どうしてその時感動し、影響を受けたのかがよくわかります。
 そんなこともできたこと、その意味で生徒に感謝です。

 今月から教室がなんとか再開できて、ホッとしています。

 もちろん会場になってる音楽村は、今も様々なイベントや利用が中止となっています。
 現在のコロナ状況で、我々の教室もこの先どうなっていくのか予想もできませんが、できる時は精一杯やろうと改めて思っています・・・・

 ・・・・ます、ます、マス、マスク生活はなかなか慣れないですよね・・。
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ