2020/6/24

P.P.M  

 この自粛、引きこもり中は絵のことだけでなく、音楽も昔に引き戻されますね。

 仕事場でガサゴソしていると、これまた古いカセットテープを見つけ、どんな曲だったんだろうと、半分壊れかけてまだ捨てずにあったカセットデッキにそのテープを入れて聴いてみました。

 高校生の頃からよく聞こえてきた、あまりに懐かしい“P.P.M”、そう“ピーター、ポール&マリー”。

   クリックすると元のサイズで表示します

 何曲か立て続けに聴き、全て覚えてる曲でした。もちろん英語の歌ですので、歌うのは僕には無理。カセットに入ってる“レモントリー”という曲を長いこと”ラーメントリー”と思い込んでいましたし・・。

 中でもその頃僕は“悲惨な戦争(Cruel war)”という曲に心打たれ、何度も何度も聴いていましたね。
 
 当時は、今の若い人は知らないかもしれませんが、まさにベトナム戦争の真っ最中。それに日本もまきこまれていた時代でした。
 
 大学生になって、東京にいる頃、甲州街道を走ってる米軍の車に血糊がベッタリと着いていたことを思い出し、今でもゾッとします。

 また、半世紀以上も昔、自分が田舎の高校生の頃でしたが、何年生かの時に学園祭で、クラスのだしものとして、このP.P.M の曲で“500マイルも離れて”という曲を皆で歌ったことを思い出しました。

 かたや僕が入ってた部活の美術班(長野県の公立高校では部と言わず、伝統的に班と言う)では、その学園祭にワイルドワンズの“思い出の渚”を歌い、それにも乗り、当時の心情の二つが浮かび上がってくる思いがしますね。(もしかして学年がずれてるかも?)

 そしてクラスのかクラブのかの結果で、賞品のカリントウをもらったことも懐かしい思い出です。・・・何故かカリントウなのですね。

 このP.P.M の頃はアメリカはベトナムで戦争をやってましたが、こんなにも美しいメロディやハーモニーの曲が生まれてくるなんて、まだアメリカが今ほど腐ってはいなかった時代なんだろうね・・。

 昨日は6月23日、かつては6.23と呼ばれた日、沖縄慰霊の日ですね。奇しくもそんな頃に、またこんな曲に巡り会うとは・・・。その大学生の頃は沖縄からパスポートで来ていた学生もいましたね。


 皆さんの思い出の曲て、何ですか・・・・

 ・・・・すか、すか、スカ、スカイプは確かに便利ですね。こんなに人と直接会えない時には特に。
 
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ