2019/10/17

台風 19号  

 すでに各地での被害が報道されていて、日々その様子がわかってきていますが、僕らの住む東御市も千曲川の橋が落ちたり、土砂崩れ、倒木、交通網の遮断などが数多くでています。

 さらに下流の上田市や特に長野市などの千曲川の堤防決壊、氾濫はテレビで報道されていますね。

 そしてそうした本流(千曲川)に入り込んでいる支流の決壊で被害が次々出てきているのです。

 僕らの居る山の中は、下の地域とつながっている道路が一本きりなので、その途中で小さな川の氾濫で道が遮断されていて、通行止めとなってしまいました。“陸の孤島”状態ですね。(今は解除となりましたが、小さな川でも道路がえぐられてしまっていました)  
 同じ様な状況は市内にいくつも発生し、現在も通行止めとなっているところがかなりあります。

 うちは台風当日から停電となり、不安な夜を過ごしました。これまでも停電の経験はありましたが、今回は先の千葉県のことから、停電になるといつつくのかわからないだろうという心配をもちました。

 冷蔵庫、冷凍庫、そして暖房の問題もありますが、テレビやパソコンがつかないので外のことや情報がとれなくて、そのことが一番不安なことでした。うちはラジオが山の中なのでよく入らないし、スマホでまずは情報をとればいいかと考えました。(新聞も配達不可)
 
 しかし停電が長びけばスマホの充電もできず、もっといざという時に外部との連絡がとれなくなってしまうと考え、スマホからの情報とりはあきらめました。電話やメールもできるだけ使わないようにしました。

 夜が明けてまずやったことは、下の集落に車で下りて、スマホ充電器(電池の)を求めに行きました。軽自動車なので通行止めの道路の柵をチョッとずらして・・・。

 ホームセンターなどでは売り切れで、コンビニにあり、ホッとしました。(ちなみにス―パーにも寄ってみましたが、パン類などは棚に全くありませんでした)

 現在はうち辺りの停電は復旧していますが、いまだ停電中の地域もあります。

 台風からそろそろ一週間がたちますが、テレビの伝えることは被害の増大や後始末の絶望感ばかりで、ア然とし、暗い気持ちになります。
 ここら辺は果樹などの収穫期ゆえ、本当にさらに辛い気持ちになりますね。

 僕らは直接的な川からの水の被害は少なかったものの、こんな多くの被害は初めです・・・。


 ・・・うまく述べられませんでしたが、とり急ぎ近いところだけの現状を述べさせていただきました・・・・

 ・・・・した、した、あしたはいい日に!! 

後記・・先のブログの朝顔は無事でした。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ