2019/10/1

「グリーンブック」をDVDでも見たよ  

 この春に上京した折、映画館で僕一人でこの映画を見ました。

 自分にとってはあまりに胸に響き、面白かったので、ぜひ女房にも見てもらって、その感動を共にしたいと思っていたのです。

 そう、ご存知TSUTAYAで今日借りて来て、早速見ました。
 この「グリーンブック」はDVDになって配信?というのか、今日(10月1日)が初の日なのです。それ故2晩しか借りれませんが。それを知ってたので午前中にTSUTAYAを訪ねた次第です。


  クリックすると元のサイズで表示します

 すでに見た方もいらっしゃると思いますが、黒人のピアニストとイタリア系白人の運転手との、当時黒人差別の強かったアメリカ南部を演奏旅行していく中での二人のやりとりや様々なできごと、対立、葛藤などが鮮やかにまたユーモラスに描かれていて、どんどん画面に引き込まれていくのでした。実話をもとにしたドラマです。

 結果、僕は映画館と家でのDVDとの2回見たわけですが、いい映画は何度見ても感動しますよね。また1回目に見落としていた?ことや改めての発見もしますし・・。

 個人的な感想を言えば、あるシーンには必ずといっていい位、その前(またはもっと前)のシーンでの会話ややりとりが伏線として実に効果的に表れてきて、それが映画の大きな魅力の一つだなぁと実感しました。

 映画の話ですからここでは詳しくは述べられませんが、借りてでも見る価値はあります。今日はそのTSUTAYAの手先となってでも宣伝したく、書き込みました。


 エッ!もう見たって・・・それは失礼・・・・

 ・・・・礼、礼、礼を言います、何故だか?・・
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ