2019/7/11

最近の仕事  

 僕の近頃の仕事、即ち創作の一部をちょっとだけ紹介させてください。

 昨年のこの時期、軽井沢で展覧会をしましたが、今夏は行いませんので・・・。でも話が長くなりそうなので、どうぞ気楽におつきあいください。

 さて、今年の冬あたりから、自分にとって新しいシリーズというか、何かこれまでの集大成のような気分の作品が生まれてきました。

 きっかけは、昨夏僕自身も体調を壊し、3回も入院生活を繰り返してしまったそんな体験からでした。

 単純に作品と対話ができて、気持ちが癒されるといいなと思い、人の顔らしきものを、記号的でもありますが入れて、ヨーロッパなどにある昔からの“イコン”のようなものを作ってみたいと強く思うようになったのです。僕にはこれまでイタリアなどの教会でたくさん見てきたことも影響しているのかもしれません。・・・イコンてご存知でしょうか?
 
 ただ僕は宗教にも、祈りの気持にも欠けてる人間なので、作品に「おはよう」とか「ただいま」といったあいさつをかけられる対象になるといいなといったそんな気分です。作品自体も見る人を見ているようにしたいのです。
 それで今回“私にとってのイコン”というタイトルのシリーズにしました。

 そして作り始めたら、どんどん作りたくなり、いろんな形のイコン?がこの半年間でもけっこうできてきました。
 自分なりのイコンですが、適当な大きさにして、“一家に一点!”なんてスローガンまで考えています、ナンテ。 僕は作品て基本的に美術館よりそれぞれの家に飾ってほしいと願っています。

 そして僕の作るものですから、できるだけナンセンスというか、おちゃらけたものにしたく、ポップで“ファニー”なものをめざしているのです。

その“私にとってのイコン”ですが、たまたま家で玄関にかけてみているものを載せてみました。どうでしょう?

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

 これらは中程度の大きさですが、現在は大きな作品を手がけています。ぜひ11月の中目黒での展覧会に見にいらしてくださいね。(来年の5月には信州で行う予定です)

 それともう一つ、いろいろ作っているとやはりこういう作品も自分なりに出てきました。
 タイトルは“弾丸ボーイの休日”といいます。これも板絵のシリーズですが、一点だけ載せてみました。

  クリックすると元のサイズで表示します

 作品に顔を意識的に入れるようになると(これまでも“妖精”としては入れてきましたが)造形的なことだけでなく、いろんな世界がどんどん生まれてくる気が自分ではしています。

 あとは体力ですね。何とか夏を乗り切らなくては。皆さんもどうぞお元気で・・・・

 ・・・・気で、きで、木で、木でできています、僕の作品は。


・オマケ にもう一点

 クリックすると元のサイズで表示します
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ