2019/3/28

恒例のピールづくり  

 今年もやってきましたピールづくりの季節。

 作り手は女房で、僕はその応援です。

 入手したノーワックス、低農薬の夏ミカンの皮を前日よりむいておき、一晩水にひたして、そしてワタを少し取り、5ミリ幅くらいにきざみ、大きな鍋で、2回茹でこぼし、3回目は柔らかくなるまで茹で、湯切りし、砂糖液(シロップ)でゆっくり水気がなくなるまで煮ます。
 それを更にもう一度、前より濃い砂糖液で煮てしっかり水気をとばします。
 
   クリックすると元のサイズで表示します

 その後、お皿にとって乾かします。

   クリックすると元のサイズで表示します

 今年も何度か作っていますが、今回の出来は、very good!です。イタリア語で言うと モルトボーノ!というヤツですね。日本語で言っても、とてもとてもおいしい!です。

 身内が言うのは何ですが、甘味やかみごたえ、また香りやあと口など・・・本当に上手にできました。

 よくテレビで言うように・・・・では、希望者は下の宛先へ・・・とは分量が少ないので言えませんが・・・スミマセン。

 作るところをいつも見ていて思うのですが、作ってみて必ずしも毎回上手くいくとは限らないのも事実です。毎回出来が微妙に異なるのです。簡単なようでいて、いえいえ実にむずかしい作業ですね。
 煮詰めていくタイミングとか様々なポイントがあるようです。何より、手に入れる夏ミカンの質は大きいですよね。
 
 毎回、今回は上手くいくかなと期待と楽しみでワクワクするピールづくりです。

  クリックすると元のサイズで表示します

 もちろん、どんな出来でもおいしいのは確かですよ。そのおいしい気分だけですが、オスソワケ・・・・

 ・・・・ワケ、ワケ、わけ、わけのわからないニュースが多いよね、このところ益々・・。
4



2019/3/29  17:44

投稿者:doragon

 コメントをありがとう。水や砂糖など詳しい分量やそれぞれの時間を記したレシピを熊谷さんに送りましょう。お待ちくださいな。

2019/3/29  1:13

投稿者:熊谷和世

こんばんは( ^ω^ )
いつも羽田先生の投稿楽しみで、今回も願ってもない内容だったんです♪( ´▽`)
毎年奄美大島の友人から タンカンをいただくのですが、沢山いただき、皮も沢山。。捨てるのも、、と思い乾燥して
お風呂に入れたりしているのですが、今年はオレンジピールが作りたくて、、レシビ探していました。
嬉しい〜、さすが先生!とっても分かりやすいです。
私はオレンジピールにチョコレートをコーティングしたいと思ってので、ちょっと砂糖少なくして煮て、乾燥するんですね。
チョコレートのオレンジピールにトライしてみたいと思います( ´ ▽ ` )
ありがとうございます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ