2019/3/19

森の奥には・・・  

 先年、うちのすぐ裏手の森の樹を、電線にかかりそうだったため切り倒してもらいました。

 その後草やぶ状態になっていますが、2、3年前に奥の方にある花が群生しているところを見つけたのです。

 そしてそこまで見に行かれるように、隣のご主人が最近草刈り機で道を切り開いてくれました。

  クリックすると元のサイズで表示します

            


 今日イバラを避けながら入って再会したのがこの花、そう、福寿草です。

 
  クリックすると元のサイズで表示します


 この写真では全体の3分の1くらいの範囲しか写っていませんが、今真っ盛りといった状態です。
いつも思いますが、植物って、花って人が例え見ていなくても、こうして健気に咲いているのですよね。
 
かつての樹々が陽光を遮っていたのか、もともと自生が多かったのか、こうして自由に見られるようになって、それも春の喜びの一つですね。

 春の先がけは黄色い花が多い感じがしますが・・・・

  ・・・・すが、すが、すが、清々しくいきたいですよね。
4



2019/3/25  14:21

投稿者:熊谷和世

わーいコメントお返事ありがとうございます。
今年の福寿草は3月20日頃が見頃でした。今年はいつもより雪が少なく、春の訪れが2週間ほど早い感じです。
もうだいぶ暖かくスタットレスタイヤで走るのが、勿体無いくらいです。なんて言っていたら、春分の日にまさかの雪が!タイヤを取り替えた人大慌てでした✌('ω'✌ )
こちらに暖房は、薪ストーブのお宅と灯油や若い世代はオール電化と様々になって来ました。私が嫁いだ20年前までは、薪ストーブがほとんどでした。煙突から煙モクモクが冬の景色でした。
嫁ぐ先の家では、まだ薪ストーブ使ってます。
プロパンガスの空で作った手作り薪ストーブです。
薪は山に行って、チェイソーで切って「倒れるぞー」の声で隠れて、それを軽トラに積める長さに切ってから
お家で下ろし、あとは薪割りです。
自給自足の暖房してます(^ ^)
薪ストーブは羽田先生と同じく居間にど〜んと居座って、みんなを暖かくしてくれてます。
プロパンガスの空で作った薪ストーブ丈夫ですね。もう20年以上使ってるんですよ( ´ ▽ ` )
薪ストーブの中の燃える火を見ていると、火の妖精が踊ってるみたいに見えますね

2019/3/22  23:23

投稿者:doragon

青森ではいつ頃福寿草が咲きますか?
また、そちらでは冬場でのメインの暖房はどんな様子なのですか?うちは薪ストーブを居間に置いていますが・・・。

2019/3/22  17:34

投稿者:熊谷和世

素敵ですね!一面に福寿草。
この名前どちらの方が付けたにでしょうか?福寿なんて、字を見るだけでも、気分が良くなりますね。
野生の福寿草は、葉っぱの部分が濃い緑なんんですよね。ちらに咲いてる野生の福寿草は、毎年盗掘被害があるんです。奪っていくほど、貴重な存在なのですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ