2022/1/21

熟練の技!!  

 つい先日、テレビで日本の民芸(特に焼き物)について放映された番組を見ました。

 その中で島根県の松江にある焼き物の窯のことに眼がとまりました。“湯町窯”というところの話でした。

 その話の前に、話がちょっと飛びますが、現在、東京国立近代美術館で日本民芸館の大きな展覧会が催されています。僕はぜひ見たいと思っていましたが、この状況下、諦めざるをえません。

 日本民芸館は都内駒場にありますが、その建物のたたずまいも実に素敵です。僕らが都内に住んでいた頃は、何回か行ったことがあります。

 日本民芸館は1936年より、柳宗悦という大変な目利きが、日本中からさまざまな民芸を収集してきたことから始まったものです。


 さて、その松江の湯町窯には、柳宗悦も何度か訪ねこともあるそうですが、湯町窯は同じその民芸の仲間、イギリス人の陶芸家、バーナード・リーチに指導を受け、独特の技法(スリップウェアなど)の焼き物が作られ、現在も続いていて、今回テレビでそれが詳しく放映されていたのです。素晴らしい技術でした!!

 その技法は、今ここには映像がないため紹介できませんが、皆さんにぜひネットで見ていただきたいですね。

 それで僕が感じたのは、現代はAIもとても必要なことですが、それ以前にこうした“用の美”を表現する職人の「熟練の技」というものを決して消してはいけないなと強く思いました。

 その窯でリーチが伝えたと言われる“エッグベーカー”(卵を料理する小さな器)はとても雰囲気が良く、可愛いらしくて、僕はいつかぜひ求めたいなぁと思いました。

 
 
 そしてさらにまた話は飛んで、来月から都内(練馬区美術館)で始まる、第二次世界大戦でシベリアに抑留された体験を基に、独特の表現をしている画家“香月泰男展”もぜひ見たいなぁと思っているのですが、この時節ゆえに、無理かなぁ・・・・

 ・・・・かなぁ、かな、かな、かならずいつかコロナも収束するのでしょうが、それまでお互いに何とか生き延びましょう!ね。
3

2022/1/14

冬来たりなば・・・  

 ・・・春遠からじ・・と言われますが、今年は本当にまた春は来るのだろうか?と雪の毎日、思ってしまいます。

 コロナの新しい株、オミクロンの拡大のせいもあって、心が晴れないから余計にそんなことを思ってしまうのでしょうね。歳のせいもあるのかしらん?

 今年はこの数年に比べて、うちあたりでも雪が多く(雪量というより、降る回数が多いのです)、また寒い日もとても多いです。

   クリックすると元のサイズで表示します

 うち辺りよりももっと雪や寒さのきびしい北海道や東北、日本海側などの人々はどんな想いで冬を過ごすんだろう?と思ってしまいますね。また北欧の人達とかも・・・。慣れてるんかしらん?

 うちは薪ストーブで暖をとっていますが、例年だと日中は陽射しがあったりして、ストーブを焚かなかったりする日もけっこうあったのですが、今年は一日中ストーブを焚いてる日が多いのです。

 それこそ外に積んでる薪は間に合うだろうか?足りなくなってしまうかな?なんて心配もでてきます。

 “寒中”ですので仕方ありませんが、いつもより春が待ち遠しいですね。

 年の初めのブログが、こんな情けない内容では恥ずかしいのですが、こんなことも人生にはあり、ということで・・。<春は当然めぐってきますが・・>

 どうぞ皆さんも、寒さにもコロナにも負けないよう、お過しください・・・・

 ・・・・さい、さい、最、最悪なシナリオにコロナがならないことを、祈るばかりですよね。
4

2021/12/28

明るい未来に!!  

 と願い、今年最後のブログを書きます。

 千葉県の友達M君がこの寒い我が家に、いろんな花や食材を送ってくれました。その中に、僕も大好きな花で、これまで何度もスケッチしたことのある花、“アネモネ”が入っていました。

   クリックすると元のサイズで表示します

 春の花としてとても気持ちを明るくしてくれますよね。ありがとう!

 
 来年こそコロナも去って、良い年になることを・・・・

 ・・・・とを、とを、戸を叩くのは雪の音だけでなく、新年へのノックかな?(雪に音はないけど)

 ◎今年も一年間ブログを見てくださり、ありがとうございました。
4

2021/12/24

ナターレの贈り物  

 イタリア・シエナの友人から、クリスマスのバスケットと称して、いろんな食品が贈られてきました。

  クリックすると元のサイズで表示します

 これまでも季節によってさまざまな珍しい食べ物やお菓子などを贈っていただきました。

 今回のメインは現地でクリスマスに食べられるパネトーネです。

  クリックすると元のサイズで表示します

 パネトーネは15世紀の終わりにミラノで誕生したクリスマスの定番です。今回送られてきたパネトーネはトスカーナ州の素朴なタイプですが、何かのリキュールが入っているのか大人の味でした。

 他にもドロミティのチョコとか、小さな蝶々の形をしたパスタ、ナポリの黒こしょうのきいたタラッリ。北部ピエモンテ州のヴァーニャカウダの瓶詰めやレンズ豆のスープの瓶詰め等々でした。

 そして、まさに僕らの希望していたオリーブ・オイルの缶です。

 思い出すのは、かつてシエナに滞在していた頃に、その友人家族と共に過ごしたクリスマス(ナターレ)や大晦日の年越しの食卓の賑やかさです。

 先日はその友人にラインで尋ねると、やはり現在のコロナのことはイタリアの人々も、とても苦しんでいることがわかりました。

 そんな苦しみや辛さを世界中で吹き飛ばすように、このクリスマスの贈り物をゆっくり味わいたいと思っています。

 Buon Natale ! ボンナターレ! クリスマスおめでとう・・・・

 ・・・・とう、とう、とうとう これまで減っていたコロナ感染者がまた増え始めてきてしまったようですね。世界中から早く去ってほしいと祈りましょう!
3

2021/12/21

夜中の集会?  

 朝、玄関脇の雪の積もった畑を見ると、動物の足跡がいっぱい!

   クリックすると元のサイズで表示します

 大きいのやら、小さいのやら、また偶蹄目のやら・・・。何の動物だろう? 鹿かな?猪かな?・・・。

 この時期、熊なんかがいるわけはないはずですが、思わず大きな足跡を探してしまいます。見つけたら大変!?

 雪が積もる前も毎晩、彼ら(彼女ら)はこうして山から下りてきて、何か食べるものを探して歩いていたのかしらん?
 
 何年か前に、玄関のドアを開けたら、突然牛のような大きなカモシカがその畑にいて、お互いに見つめ合ったまま、こちらもむこうも身体が固まってしまったことがありました。

 雪の上の足跡を見ていると、動物たちが種を越えて、何か集会でもしているようにも思えます。

  
 そんなことなどいろいろ想像していたら、僕は子供の頃、一番好きだった絵本のことが思い浮かびました。
 
 その絵本はケストナーの「動物会議」です。

 当時、子供達の未来を心配した動物たちが集まって会議を開くのです。とても素敵な絵本です。
 
 人間は動物たちからもこんなにも心配されているのかと思いました。現代はさらにそう思われているんだろうなと思えますよね・・・・

 ・・・・よね、よね、よーね、よー寝る子は育つってか?! 
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ