mmadokaのブログ

筆まめな「転勤族の妻」が、書きたい時に勝手に書いてます^^;。
  尚、掲載写真はすべて無断転載禁止にさせていただきます。

 
    HPもあります。夫と2人で行った海外旅行記が主です。『暇つぶし』程度にはなると思います(^^)v

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:mmadoka
>ぽから篤さん

 日本語は「謙虚」が「曖昧」にもなったり繊細ですね。でも日本語を聞くと瞬時でニュアンスを汲み取れちゃうので「ドキッ」としますが外国語はピンと来ないから皮肉言われても怒られてもヘラヘラ笑ってます^^;。
 
 無差別大量殺人となる武器を一般人が持ってること自体おかしいですね。

>ことりさん

 犯人を擁護するつもりは無いけど、思わず訳した人は「韓国人」を嫌いなのかなと思ってしまいました。
投稿者:ぽから篤
日本語が繊細なのでこのようになってしまうんでしょうね。
でもその反面、伝える側と聞く側の気持ちひとつでニュアンスが大きく変わってしまうのは怖いことですね。
決して間違った訳ではなくとも、心理操作ができちゃいますから…

それにしてもあの事件、何ともやるせない事件です。
毎度のごとく叫ばれるアメリカの銃規制… 本腰を入れて考えてもらいたいですね。

http://pokara.org/
投稿者:ことり
たしかにきさまらは、強すぎますね。
訳する人の意図が入りすぎていやんな感じ。
投稿者:mmadoka
>fongyさん

 それ、すごくわかります!!
 友達とか他人には自分の事を「私が・・・」って普通に話せるけど、夫には「私」じゃよそよそしいし。私も自分の事を名前で言う習慣が無いのですごく変な(ここでは言えない)呼び名で言ってます^^;。

>なっちゃん

 なっちゃんも感じましたか。声の調子や顔の表情で訳を付けてると言う感じでしたね。
 通訳は通訳者の主観が入っちゃいけないけど聞いてる人に対象者の感情が的確に伝わるようにしないといけないから難しいですね。
 
 それと同時に、声の調子や表情がわからない「メール」も難しいですよね。友達同士なら「お願いします(^o^)/」でもビジネスメールだと顔文字も使えないから、相手に高圧的にとられないように気を使ってお願いしなくちゃいけないし。そうすると、えらくよそよそしいし。あの犯人が日系じゃなくてよかったと思ってしまいました。。
投稿者:fongy
私は“I"とどう言えばと戸惑いました。
この前下の娘が一時帰国の時、日本語の練習と急に日本語で話すわけ、私は自分の娘にどう"I think..."とか"I'm going to ..."など、一人称に困りました。“お母さんがね”“ママはね”とか言う習慣がなかったから、本当に言葉に困りました。
私も同じ疑問を抱きました。
発せられる声の調子や強さで訳し方も違ってくるんでしょうね。
外国の人々が日本語は難しいと思うのも理解できます。
それにしても悲惨な事件ですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ