nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2010/3/14

マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版](P・ F. ドラッカー (著), 上田 惇生 (著) )  Electoronics/IT/Business

マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版](P・ F. ドラッカー (著), 上田 惇生 (著) )

こうい書籍は週に7〜8頁読み進めていたのでは理解が出来ない。
もう少し集中して読むべきだと反省。

記憶に残った内容を書き留めておく。

常に、言及しているのは、マネージメントは 成果 を上げるためのものだという事。
成果 は組織外部に発生する。従って、組織内部の 努力 や 組織内部の コスト だけにフォーカスしていては駄目だと言う事。

マネジメントは政治や国境、法的な制約を受けるけれど、焦点は経済の実体やそのプロセスに向けられるべきである。

かつて、上司は部下の仕事を経験してきたが故に部下は上司の言われただけの事を実行すれば良かったが、現代において、部下は自らの仕事について上司より詳しく知らなければならない。それこそが知識労働者の知識労働者たるゆえんである。
「知識労働者を部下に持つ上司は、オーケストラの指揮者がチューバを演奏出来ないのと同じように、自ら部下の仕事を肩代わりすることができない」

変化が必要だ。「成功を収めたまさにそのとき、その成功をもたらした行動を捨て、それまでの習慣を捨てるよう要求される」

全体を通してストーリーを理解するのはまだまだ僕には難しいが、一文一文において示唆に富む文章は多い。

クリックすると元のサイズで表示します
0



2020/7/26  16:04

投稿者:szekvtccvn

Muchas gracias. ?Como puedo iniciar sesion?

irvguzsxms


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ