nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2009/8/6

[理系日記]裏面照射CMOSセンサで暗いところでもフラッシュなしで撮影したい!  Electoronics/IT/Business

[新製品]ソニー、サイバーショットの新モデル2機種に裏面照射CMOSセンサ“Exmor R”採用(プレスリリース)

ライブ通い大好き人間にとって、暗いライブハウスでの演奏シーンを、フラッシュを使わずに撮影したいけど、一眼レフは持ち運びには大きいしなあ〜〜

前から気になってた技術、裏面照射CMOSセンサがコンパクトデジタルカメラにも採用された。約2倍の感度向上(従来構造比)が見込まれるそうです。
実際はどうなんでしょうねえ?
詳しい構造は、Sonyプレスリリース参照。

あ〜でも今のデジカメ、買ってから2年ぐらいで現役バリバリだし、CDプレーヤとか先に買うものがあるので暫く我慢です。

(ワンポイントトピックス)
センサの感度を上げようと思ったら、光をたくさん受光出来るようにする、つまり、大きくすれば良いのですが、そうするとカメラも大きくなってしまいます(それが一眼レフカメラですね)。
そこで、受光する面の側にある配線(電気を通すのに必要です!)を、受光する面とは反対側に配置して小型化しようと言うのが、裏面照射CMOSセンサ。
発想は当たり前なんですが、構造や製造等の問題で、感度以外の性能が悪くなってしまうという課題があって、それを今回クリアしたというわけですね。
まだまだ半導体も楽しい。
-----
で、実はビデオカメラにはもう1月の時点で採用されてたんですね。(プレスリリース)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ