nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2009/8/3

戦略的社内コミュニケーション  Electoronics/IT/Business

実践 戦略的社内コミュニケーション―社員に情報をいかに伝えるか Shel Holtz/林正/佐桑徹/浦中大我

特に、ビジネス上、コミュニケーションについては色々考える事があって、手に取った一冊。
かなりの部分で共感を得る事が出来て、効果的なコミュニケーションを継続して心掛けて行きたいと思った。

その情報は、いつ、誰に、どんな手段で伝えるべきか、考えてみる。
事実を客観視し、それを素直に誠実に伝える努力が、信頼関係を構築する(仮に、その事実が悪い事実だったとしても)。
IT技術がどんなに発展しても結局その事実を受けとめるのは、生身の人間であると言う事。
もちろん、生身と生身の人間同士のみのコミュニケーションでは、コストも掛かるし時間もかかる。
なのでシチュエーションや目的によって使い分けを心掛けると言う事。
伝えたら終わりではなく、そのエビデンスを残し、フォローして行く事、また、必要な情報が蓄積されており再利用出来る事。

ああ、これを書いていて、ビジネスだけでなく政治にだって、当てはまる事は多いなあ、と思った。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ