nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2009/6/8

斬り斬られる@IAF SHOP*  LiveReport

昨日は、「斬り」、「斬られる」。
福岡を代表する、いや世界を代表するテレビ演奏家;morooka mitsuoくんが、「第2期 IAF SHOP* 5周年記念特別企画」の最後を飾るべく企画した「千人斬りライブ」に参戦。
クリックすると元のサイズで表示します

morooka mitsuoくん、素晴らしい企画をありがとう。お疲れさまでした。
観に来てくれたお客さん、対バンの方々、スタッフの方々、無茶苦茶楽しく過ごさせて頂きました。

僕はトップバッターで、越出くんと、morookaくんに挑戦する。僕はバスクラリネット、越出君はギター、バイオリン、ボイスを演奏。トップバッターに相応しい(笑)、重くダークでアバンギャルドで時々吠え合う即興。お客さんも演奏側も集中力の持続は大変でそういう意味でトップバッターはラッキーだったかもしれない。はやくも、morookaくんは発汗作用が促進され、目的は達成させて頂いた。録音したので近日公開予定です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

続く、Shayne と 電子卓上音楽団(2人) でノイズ斬り!morookaくんにかなりのダメージを加える。
roam. は初めて演奏を聴きましたが、ラジオとイコライザ/ミキサの演奏で、ビートの利いたサウンドで良かった。続く、 岩永ハナエさん のストレートなギターと小さなチャイムでみんなが合奏し場所にちょっとだけ微笑ましい一体感が生まれる。このあたりで別方面からの「斬り」が入れられた。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、morookaくんはちょっとだけ休憩して、 城戸英章 登場。存在感あるサックスの音色にはいつも何かを感じるが、この日はシャイな一面が出た日。
一気に緊張感高まった状態で再び、morookaくん登場、場はアンビエントに変わる。 daenn. のラップトップと happy audio のベースデュオ(+鳴りもの)で心地よいループと音色に身を委ねる。

飛び入り参加の 坂口壱彦 が真の意味での武士の斬り合いを敢行し、激しいノイズなのに笑いを誘う。

最後は onuki makoto のマイクと変なチューニングのギターとサンダー(なんとか)を使ったパフォーマンス。この日のどの流れとも異なる緊張感あふれる素晴らしいパフォーマンスだった。

というわけで、エンディングを迎えたのは、午前1時も過ぎていたのかな?その後も、IAF SHOP*で語らい、2時過ぎにお店を後にし、さらに、晩ご飯を食べていない事に気付き、4人で薬院のマックに行く。20代、30代、40代、それぞれの事情(?)を話す。

CDも少し売れました。有り難し。
あ〜〜楽しかった!
またこういう企画やって下さい!morookaくん!

※ちなみに褒め過ぎやな。

(以下、記録)
----------
morooka mitsuo 千人斬りライブ(第2期 IAF SHOP* 5周年記念特別企画)
2009/6/7(日)、IAF SHOP*

morooka mitsuo×…
中村勇治+越出健治
Shayne Bowden
電子卓上音楽団
roam.
岩永ハナエ
城戸英章
daenn.
happy audio
坂口壱彦(飛び入り)
onuki makoto
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ