nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2009/5/31

暗黒の世界(灰野敬二+ドラびでお)  LiveReport

暗黒の世界に入り込む。
でもそこは意外と健全なのかもしれない。
誰だって、怒りや悩みはあるんだ。

----------
電子卓上音楽団 地を這うような轟音と日常生活を思い出す何かのサンプリング音。この日の演奏はとても好きです。そしてこの編成と共演したい。

倉地久美夫 相変わらずの存在感。いつも思うけれど、6弦ギターなのに12弦ギターのようにスペーシーな音色と浮遊感あるボーカル。大笑いはしないけれどほんの少しだけ笑わせてくれるところがこの人らしい。

ドラびでお とにかく1つ1つの音がずしりずしりと重い。ビートを聴いているだけでも身体を揺らさずにはいられない。そしてそのドラムスと同期する映像。コラージュも色々な意味でつぼにはまる。

灰野敬二 前半のエアーか手の位置でコントロールするパフォーマンスが僕を「暗黒の世界」に導いてくれる。あの風貌で、あの存在感で、電子楽器/ギター/ボイスを実は楽しんでいるのではないか?1月に観た時とは別次元の世界、その違いをまた観てみたい。

灰野敬二+ドラびでお 最後はセッション。後半の映像が灰野さんの映像でそれをバックに灰野さんが叫びギターをかき鳴らすのが、シュールで面白かった。

----------
ちなみに、灰野さん、近寄りがたい人かと思ったら、案外気さくな人だった。
ライブはソファーでくつろいで観戦。こういう雰囲気も好きだ。
大牟田の往復ドライブも楽しかったです。
そして、主催の電卓さん、お疲れさまでした。

(以下、記録)
----------
2009/5/30(土)
Shock City Omuta Volume.14
大牟田Club Fuji

灰野敬二
ドラびでお
灰野敬二ドラびでお
倉地久美夫
電子卓上音楽団
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ