nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2008/7/26

大友良英ニュー・ジャズ・クインテット・ライヴ  CD/DVD(Music)-Report

大友良英ニュー・ジャズ・クインテット・ライヴ

僕はこのアルバムと出会って以降、インプロビゼーションに大きく傾倒していく。ティッピングポイントというのかな?

硬派でクールなのにホット、アバンギャルドなのに美しい。立体的な空間の中を光線が反射し屈折し変調をきたす。「うわぁ」っと大きな声を上げたいほどカッコいい。

菊地成孔が血管が切れるほど炸裂的な演奏をしていて嬉しい。
津上研太が流暢で美しい言葉で美女を口説く。
水谷浩章が歩いたり走ったり止まったりする。
芳垣安洋が劇的な展開を仕掛け時に仲良く時に暴力を振るう。
大友良英がギターをループさせノイズの海を掻き鳴らす一方、訥々と散文的で断片的な音で何かを投射する。

ユリイカに泣き震える。

演奏したい。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ