nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2005/3/15

Quartet(Dortmund)1976(Anthony Braxton)  CD/DVD(Music)-Report

Anthony Braxton、ジャズ、いや、フリージャズのスーパーマルチリード奏者です。この人のテクニックは半端じゃないです。
今日久しぶりに「Quartet(Dortmund)1976」を聴いている。1トラック目がまじで凄い。2曲のメドレーになっている。1曲目は何とも数学的な音階配列の「Composition 40 F」。2曲目は超高速テーマをトロンボーンとユニゾンし、ソロの最後ではBraxtonが、アルトサックスでむせび、うめき、叫ぶ「Composition 23 J」。すげぇーーーーーーーーー。
扱っている楽器も凄い。alto-sax,contrabass-sax,sopranino-sax,clarinet,Eb-clarinet,contrabass-clarinet。ふぅーーーーーーーーーーーーー。
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ