nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2007/11/26

ユリイカ 2006年4月号 特集 菊地成孔 正装の、あるいは裸の  MusicDiary

ユリイカ 2006年4月号 特集 菊地成孔 正装の、あるいは裸の

菊地成孔の確信犯的言動には冷静に考えると誇張されすぎていて違和感を感じる面もある一方、物事の核心をずばり突いてこられると知的でクールなかっこよさを感じるのもまた事実です。

ミュージシャン、文筆家、講師、多彩な側面を持つ現代のカリスマ菊地成孔を色々な角度、視点、主観、客観、立場、関係性によって論じているのだけれど結局その正体は解らない。まあ解らないからこそ魅力的なんだとも思う。

もう一度彼が参加するらくだカルテットのライブを観てみたい。

--
ユリイカは普段あまり接しない雑誌ですが、以前読んだのはオーネットコールマン特集、今年は大友良英特集も発行されてて、興味深いです。

--
相変わらず読書ペースは遅いです。これも発売から1年半以上経過。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ