nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2007/8/11

大竹伸朗展 -路上のニュー宇宙-  Art

福岡市美術館で開催されている 大竹伸朗展 -路上のニュー宇宙- に行く。
いわゆる現代アートというものらしい。良く判らないけれど、僕が時々チェックするいくつかのサイトに意外と取り上げられていると言う事もあるし、なんたって近いので、前知識はあまり調べずにとにかく出向く事にしていたのだ。

美術館は昨年の世田谷美術館以来、約1年ぶり。特に、アートな世界になじみが深いわけではないですが、時々は、視覚を刺激したり、何かを考えたりするのも悪くない。

ポップでカラフルでサブカルチャー的なデザインと、モノトーンで暗く陰うつなデザインの対比。
退廃した都市と洗練された都市の対比。
スクラップブックさえ、意図的な作品のように感じられる。
立体感ある手の込んだ作品と一枚のスケッチブックに落書きされたかのような作品。
巨大の自動ギター演奏オブジェに驚き、突然奏でられるギターの音に驚く。

今、少し冷静に文章を書いてみるとこんな印象です。
結局、感想は上手く書けないけれど、無心になって、ただ単に作品を眺めているだけという瞬間が何度かあった。そんな純粋な心をたまには取り戻してみたいと思う。

観終わった後、大竹伸朗が二十歳頃に活動していたという、「JUKE/19.」というバンドのCDを買って帰る。

それにしても暑い。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ