nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2005/6/19

柳武史雄トリオ at バックステージ  LiveReport

 佳江のバックステージデビューライブは柳武史雄さんとのギター、オルガン、ドラムスのトリオ。
 バンドとしてはリハを2〜3回合わせただけのみ。そうとは感じられないほど三人が互いの音に反応してしっかりとコミュニケーションが図れていたと思う。
 中村健さんのドラムスは色んなアクセントをバンド全体に与えていてスパイスの意味も持っていたように感じた。それにいつもに増して楽しそうにドラムを叩いていたのは気のせいか?
 オルガン中村佳江はここ数日の色々な困難に打ち勝つような素晴らしい演奏であった。ベースは安定しているのはもちろんバンド全体にグルーブを与える。ソロは前回のライブから感じられるようになったのだが、盛り上がり方が凄くかっこ良くなったと思う。ほとんど毎回と言っても良いオリジナル曲提供も今後が楽しみだ。
 さて、バンマス柳武史雄さんである。とにかくこの人は良くうたうフレーズで魅了する。そしてリズムが安定しているから速いフレーズも嫌みに聴こえない。またソロもメロディライン、リズムともに多彩な表現力がありひたすらドライブする。ギターとアンプのセッティングも僕好みで乾いた切れの良い音色が心地よい。
 という感じでバンド全体としても各人の音が旨くブレンドされてて継続的な活動を期待するものである。さて、アフターセッションでは二人のギタリストと一人のオルガニストがそれぞれの持ち味を発揮してなかなか好印象。僕は楽器を持参しなかったのでちょっとというかかなり残念。ところで当日の写真を関係者のみ公開しています。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ