nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2011/5/30

肉体の劇場/Space Terra  LiveReport

1月に楽隊として出演させて頂いた「肉体の劇場」がいったん区切りをつけるという事で観に行く。
三年間、多少の例外はあったらしいが、毎月29日に開催してきたとの事。
敬意☆

電熱電球がともる *LED電球ではないなあ、と妙なところに意識が向く僕
無音との対峙
音との対峙
音に意識がいきかけては
動きに意識を集中しようとする
何かに寄り添い
何かは突き放す

痙攣
地響きのような唸り
重力に逆らえない
意識的な転倒
思いに耽る
幻想を抱こうとしても
全ては現実
もしかするとタージ・マハル旅行団の音だったのかな?

どうしても地震の事と結びつけてしまうのだが、演者の方はどうだったのだろうか?

割とアウエーな感じの打ち上げだったが
途中できっかけをもらい、有り難い。
色々な方と名刺交換させて頂いたが、共通の知人の名前がたくさん出てきて、
そして共演の話も色々進む。
実現出来ると良いな☆

六本松まで送って頂いた後(有り難うございました)、歩いて帰る。
-----
肉体の劇場
2011.5.29
Space Terra
「確かに」;松岡智恵(舞踏)
「重力と恩寵-プロローグ-」;原田伸雄(舞踏)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ