nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2006/1/28

AKG製品の活躍  Electoronics/IT/Business

ここのところ、偶然にもAKG製品と縁があります。オーストリア/ウィーンで創設された音響機器メーカーだそうです。

まずは、前回レポートした呆けすとらのライブでバスクラリネットとソプラノサックスに取り付けたピックアップマイク◎AKG C419
大活躍でした。何年か前にライブで使おうと購入した時に一回だけ使ったきり(マイクの必要なライブもなかったので)。今回もスタンドマイクで音を拾うもんだと思ってたけど、PAの人がこのマイク用のセッティングをして下さいました。お陰で、ノリノリになったり、前に出たりと、機動性確保。それにPAの方の力量も素晴らしいのだけど、まわりの音圧(もの凄いものがあったと思います)に負けずにモニタする事が出来ました。お陰でミストーンがはっきり聴こえたのだけど。。。スタンドマイクではこんな事はあり得ない。これからも重宝しそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

それから、もう一つは、iPod用として購入した、K12P ステレオ・イヤフォン。本日、Get!早速、純正のイヤフォンと比較してみました。数分しか聴いてないし、あくまで主観なので確定した事は言えないけど、なかなかGood!低音域から高音域まで音圧が感じられダイナミック!純正では、こもった音がしていたのに対し、音の輪郭がはっきりしてきて、なによりその分、音楽に躍動感が出てくる。ジャズやフリーインプロビゼーション、あるいは、ノイズ、音響系と呼ばれる音楽を聴く事が多いけれど、きっと今まで以上にiPodの活躍が期待出来る気がします。
他にも色々なメーカーの色々な型番のイヤフォンがあるので、このイヤフォンがベストであるとは到底断定出来ないけれども、少なくとも純正よりは格段に満足の音だし、¥2480円と言う価格もリーズナブルです。
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ