nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2011/2/14

倉敷帰省その1(20110211)蟲文庫ほか  旅行

あれから2年。あの日はテトラで梅田哲也のパフォーマンスを観た後、blogを書いていた深夜2時、その電話がかかってきたんだった。

こういう事がないと倉敷にも帰らなくなったけれど、今回はたまたま3連休だったので、のんびり過ごす事にした。

天気が良かった初日。いわゆる美観地区は人通りも多かった一方、駅ビルのルブランが潰れ、商店街は相変わらず閑散としていた。車中心の地方都市の典型的な姿。
ふるいち煉天地など懐かしい場所でご飯を食べる。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

蟲文庫という古本屋に行く。ここにはテトラスタッフが運営しているとんつーレコードの作品ややはりテトラスタッフの尾中さん作品「カルデサック」などが置いてある。
そんな店が倉敷にあって嬉しい。
お客さんが引けたあと、話すタイミングを伺って、「かえる目」のCDを購入。ジャケットはなんといま話題の倉地さんの絵が!!!
少しお話させて頂き、店をあとにする。また来よう。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ