nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2011/2/10

第12回ハコザキボイス「現代を語るための音楽〜筥崎現代音楽祭プレトーク」  LiveReport

定時で速攻、仕事終わり。百道浜から自転車で箱崎に向かう。遠かった〜〜
筥崎現代音楽祭プレトークということで、箱崎水族舘喫茶室の花田さんは知っているのですが、他の方々の事は良く知らなかったので、イベントの雰囲気も味わうべく、自転車飛ばす。

博多仁和加仕立て ストラヴィンスキー≪兵士の物語≫の偶然と必然、そして伝統と保守。
伝統を継続させるためには飽きられてはいけない何かを注入するものが必要。
即席でなく即興。
プライベート、ローカル、コミュニティ、パブリック。
教会、筥崎宮、コミュニティ。
上に伸びるためには下にも根をはらなければならない←これ大きく頷く
音楽は政治だ。
ジョンケージの美しい音楽が聴きたくなったし、きのこを使った料理も食べたいところ。

現代音楽、ちゃんと聴き始めてみようかな♪

イラストレータのアジサカコウジさん(筥崎現代音楽祭のフライヤの絵を描かれている)がたまたま隣りの席に座るというラッキー!!!
バスクラで2/20のイベントで演奏するんですよ〜と軽く自己紹介したら「バスクラ!!昨日エリックドルフィー聴いたばっかりですよ〜」という事で、素晴らしいです。

他にも、色々な方にお会い出来たし、トークって意外と行った事ないから、楽しく過ごさせて頂いた。
あたたかい気分で今度は今川まで自転車飛ばす〜〜

2/20に出演するのは確定なんだけれど、他のイベントに顔を出せる確率がやや心配。
今週は法事で倉敷だしねえ。他はもう約束しちゃった予定が入ってる。
-----
第12回ハコザキボイス「現代を語るための音楽〜筥崎現代音楽祭プレトーク」
2011/2/9
箱崎水族館喫茶室

梅木繁良(博多仁和加振興会)
花田宏毅・典子(箱崎水族舘喫茶室)
山内泰(ドネルモ代表)
藤枝守(作曲家、九州大学ユーザー感性学専攻)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ