nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2010/12/23

Solo Exhibition Part.4 / MORITA Kanako/森田加奈子 個展 “ボトムレスと黒いもの”  Art

やっと、3号倉庫に行けた。
クリックすると元のサイズで表示します

表と裏。
そこには二人しかいない。
でもそれを描くという事は必ず三人目が存在する。
三人称とは客観性。

暗い。黒い。
現実と仮想。
立体的な奥行き。

静かな動きと激しい動きを感じる。

抽象の中に具象が存在し、
具象の中に抽象が存在する。

近くから観ると具体的なのに、遠くから観ると抽象的だ。
いや、遠くから観ると具体的なのに、近くから観ると抽象的なのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

作家さんと話す。
こういう時間が本当に大好きだし、必要な時間。
作家さんの考えている事が作品に反映され、
それを鑑賞者が観ると、また別の解釈が生まれる。
それは正しいとか正しくないとか、という次元ではない。

<作家さんによる各絵の題名>
ボトムレス
三人称ノ景
何者かを失い.アレルギー
遠くのリアリティ
受容の美学

-----
Solo Exhibition Part.4 / MORITA Kanako
森田加奈子 個展 “ボトムレスと黒いもの”

2010 年12月17日[金]― 26日[日]
共同アトリエ・3号倉庫
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ