nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2010/9/26

【ライブ御礼】gigi(2010/9/25)なんと倉地さんとも共演!  LiveReport

gigiの投げ銭ライブ、無事終了しました。

お越しいただいた方々、対バンの皆様、共演頂いた倉地さん、gigiスタッフの皆様、有り難うございました。

F#mってバスクラでは、Abmですねーー♪
でもご指名有り難うございました。
突然、倉地さんから何か一緒に、と言われ、やってみる。
その場での突然の出来事でしたが、これも試練、経験、そして幸福、光栄な事。
F#mのスケール音を探る感じの演奏になったかもしれませんが今後も精進させて頂きます。

倉地さんのうたとギターは一音一音が存在を主張している気がします。
音色、タイミング、響き、変化、流れ、歌詞、雰囲気、オーラ。
ギターの弦を弾く瞬間もいちいちかっこいいです。

鈴木拓也さん、なんだか好きだったなあ。ストレートでぎこちなく、でもパワフルで汗だくの演奏。
「うた」を感じる演奏。

そして僕のセットリスト(全編即興ですが最後の曲以外はいちおう題目だけ事前に考えて臨みました):
「即興」 *特にテーマはありません。
「怪談(くわいだん)」 *8/21のイベントの記憶、そして時代劇で使われるバスクラリネットについて
「阿部薫"誰よりも速くなりたい"」 *今読んでいる本の冒頭に書かれてあった言葉より
「秋の大濠公園」 *練習場所としている大濠公園も秋の雰囲気が
「飛び石連休の最後に」 *切なくなるのか楽しさを振り返るのか?

良い夜でした!

-----
楽典メモ;
マイナースケールにはナチュラル、メロディック、ハーモニックなどの種類があります。
 ナチュラル→メジャースケールに対して、3/6/7番目の音が半音下がる。
 メロディック→メジャースケールに対して、3番目の音が半音下がる。
 ハーモニック→メジャースケールに対して、3/6番目の音が半音下がる。

今回共演した曲は、ギターでエフシャープマイナーでしたので、バスクラリネットではエーフラットマイナーになります。
エーフラットマイナー(ハーモニックの場合)の音階:Ab,Bb,Cb(=B),Db,Eb,Fb(=E),G

-----
2010/9/25(土)
cafe and bar gigi

倉地久美夫(vocal,guitar) *2曲のみ、中村勇治(bass clarinet)
鈴木拓也(vocal,guitar)
中村勇治(bass clarinet)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ