貴婦人と一角獣(その2)

2013/9/11 | 投稿者: マルセタロー

貴婦人と一角獣の続きです。
画像はwikiから拾った「我が唯一の望み」
クリックすると元のサイズで表示します

【タペストリーを作らせた依頼主は一体誰か?】

タペストリーの至るところに描かれた「赤と青と三日月」の紋章。作品が再発見された19世紀、その三日月模様から、最初に依頼主と考えられたのは、オスマントルコからフランスに亡命していたトルコの王子が、恋した娘に送ったという説。だがこれは根拠のない憶測。現在の有力な説としては、パリの教会の薔薇窓から全く同じ紋章が見つかり、今ではタペストリー制作の依頼主ではないかといわれている。それが、アントワーヌ・ル・ヴィスト。ル・ヴィスト家は代々法律を司ってきた名家で、アントワーヌは1500年頃に当主に就任。その記念に発注した可能性が高いとされている。そうすると「MON SEUL DESIR」の文字の横にある。「A」と「I」(ように見えるが諸説あり)は夫婦の頭文字ではないかとも考えられる。A=Antoine(アントワーヌ)。妻の名はJacqeline(ジャクリーヌ)。頭文字は「J」だが、中世では「J」と「I」は区別されていなかった。

【我が唯一の望みの意味は?】

そもそも「貴婦人と一角獣」のモチーフは中世ではどんな意味があったのか?一角獣は獰猛なため捕えることはできないが、純潔の乙女には近寄ってきて、膝の上でおとなしくなってしまうとされた。この性質から、中世では一角獣に別のイメージが重ねられた。獰猛な本質を捨て、乙女になびく一角獣は、神としての本質を捨て、母胎に入ったイエス・キリスト。すなわち、一角獣=イエス・キリスト。乙女=聖母マリア。神がすべての中心だった中世では、「貴婦人と一角獣」にも聖なるイメージが込められていた。では「五感」はどう考えられていたか?「阿呆女たちの船」(1500年)という小説の挿絵がある。五感についてそれぞれ挿絵があり、【視覚】船に乗った女性が鏡に見惚れる姿。【聴覚】歌い呆ける姿。【嗅覚】花や香水の匂いに酔いしれる姿。【味覚】暴飲暴食する姿。【触覚】男の手を引き、体を触らせ、キスを交わす浅ましい姿。中世では人が外界を知るすべとなる五感を、次元の低い感覚ととらえていた。なお、五感には序列があり、序列は外界との接触の多さで決まる。触覚→味覚→嗅覚→聴覚と続き、聖書を目で読む「視覚」が最も高度と考えられていた。

そして、この五感を超える第六感を「心」に相当するものと考えていた。人間の内面・内部にあって、外界とつながっている五感を支配し、統御・コントロールする役割を与えらえていた。6枚目のタピストリーの貴婦人は首飾りを外し、宝石箱に入れているとも解釈できるが、他のタピストリーでは身に着けているため、五感の象徴とも考えられる。フランス語では「DESIR デジール」には「強い意志」という意味もあり、すなわち外界と接触する五感を断ち、自制する強い心を描いているとも解釈できる。また別に「愛」を示しているという説もある。当時「唯一の望み」の文字は、指輪(婚約指輪や結婚指輪等、愛する人に贈る)に刻まれることも多かった。「我が唯一の望み」とは相手の女性を指す可能性がある。また「視覚」の貴婦人の膝に一角獣が脚を載せていて、乙女がその首に手を置いている。これは一角獣狩りのモチーフ。一角獣狩りは宗教的な意味もあるが、宮廷風恋愛の文脈でも読まれた。一角獣は男性の恋人。貴婦人は思いを寄せる女性ということになる。

とまあ、簡単ですが以上です。

先日、下見に行かれた宮岡さんは、実物をご覧になられて、錬金術の象徴が数多く散見されて、色々と解釈をされているご様子です。またこのタペストリーはカタリ派との関連を指摘されることも多く、私の方はそっちの資料を読んでいる最中。さて、当日までに間に合うのか・・(^^;)。また旧約聖書の雅歌とも関連性が指摘されているため、そちらも斜め読み中。その辺のウンチクは当日にご期待を。





コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ