ダ・ヴィンチ・コード

2006/2/6 | 投稿者: マルセタロー

かなり以前になるが「ダ・ヴィンチ・コード」を読了した。タロット占い師たるもの、モナリザやマグダラのマリアに関する内容については、押さえておく必要があるかと思われたので。そもそもは「レンヌ・ル・シャトーの謎」などで書かれているイエスの血脈に関する伝説をプロットとした小説である。

現在、キリスト教で正典とされる新約聖書では、イエス・キリストが結婚して子供をもうけた、などという話はどこにもない。ちなみに新約聖書は福音書・使徒書などの全27巻からなるが、一貫性を持って書かれた文章ではなく、執筆者も執筆年代もバラバラのものが、4世紀末に取捨選択されて正典とされたものである。

4世紀というと既にイエスが活躍した時代から300年以上が経過しており、ブッタの死後に膨大な経典群が成立したことからも分かるように、当時はイエスについても多くの文書が存在したと思われる。しかし、その後のキリスト教の激しい異端排斥活動によって、多くの文章は失われてしまうことになった。

そこで正典とされた新約聖書に基づくイエス観というものが、出来上がっていく訳だが、1945年のナグ・ハマディ文書の発見によって、初期のキリスト教の多様性や、イエスやその弟子に対する様々な見方が明らかになってきた。

特にマグダラのマリアに関しては、元娼婦でイエスに救われ、その後はイエスの同行者の一人になったという位置付けから、実はイエスの重要な弟子の一人と考えられていたということである。そこから一歩進めて、実はマグダラのマリアがイエスの妻であり、イエスが磔刑にかかる前にイエスの子供を身ごもっており、最終的には子供ともども現在の南フランスに落ちのびて、その血脈が連綿と続いているとする伝説と、ダ・ヴィンチが書いた「最後の晩餐」が、その伝説の始まりを暗示しているとする内容のミステリーが本書である。

率直にいって、著者の博識とそれをミステリー仕立てで読ませる筆力には感心した。最後の謎解きの部分は若干拍子抜けの感がなきにしもあらずだが、そこに到達するまでの秘教知識の披露は大いに参考になった。まるで事実に基づいたかのような書きぶりなので、賛否両論があるようだが、古代では非常に重要視された、女性の持つ神聖な力について知るためにも格好の入門書になるのではないかと思う。





コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ