カモワンタロットとは?

  | 投稿者: マルセタロー

現在、世間で流布しているタロットの種類は、1000を超えるといわれますが、その中でも「カモワンタロット」は少々異彩を放つ存在です。

現存する最も古いタロットは、北イタリアのミラノで作成された「ヴィスコンティ・スフォルツァ版(1420〜1450年頃)」です。やがてタロットの作成がフランスへと移っていきますが、17世紀から19世紀にかけて、フランスのマルセイユでいわゆる「マルセイユ版」が多数の版元によって作成され、ヨーロッパ中に広がっていき、現在のスタンダードなデッキの元となりました。

また、これが19世紀に魔術と結びつき、英国の魔術結社「黄金の夜明け団(The Hermetic Order of the Golden Dawn)」の中で研究された結果、「ウェイト版」が誕生しています。これは現在世界で最も広く使用されているタロットで、その後多くの人たちがこれをヒントにした、多数の個性あるタロットを作成しています。

カモワンタロットはマルセイユ版の一種ですが、マルセイユ版と一括りにしましても、デザインの細部は版元ごとにかなりの相違があります。カモワンタロットとは、1760年のニコラ・コンヴェル版のマルセイユタロットを元に、さらにマルセイユ版の起源まで遡るべく、フィリップ・カモワン氏(マルセイユ最後のタロットメーカーの後継者)とアレハンドロ・ホドロフスキー氏(「エル・トポ」「ホーリーマウンテン」で知られるカルト映画の巨匠)の5年にわたる協同研究の末、1998年に復元されたものです。

実際に実物をご覧になれば、お分かりいただけますが、このタロットは一見したところ、稚拙な木版画のように見えます。しかしその構図、その象徴、その色彩、その数、その視線の中に実に緻密で精緻な象徴体系が隠されています。そしてこの象徴体系は、古代から現代へと連綿と続く心の元型を表すものであり、リーダーとクライアントが、カードに表される象徴に真摯に向き合うことによって、問題解決の鍵を提供することが出来るようになるのです。

より詳しくカモワンタロットについてお知りになりたい方は、日本にカモワンタロットを紹介された大沼忠弘先生とフィリップ・カモワン氏の共著「秘伝カモワンタロット」(学研)をお読み下さい。

【タロット占いとは】

さて、なぜタロットがその人の状況を表したり、未来を指し示すことが出来るのでしょうか?。カモワンタロットの説明にも書きましたが、このタロットは古代から連綿と続く心の元型を象徴として表現しています。すなわちタロットをシャッフルするという行為は、そのまま自分の無意識層に働きかけることを意味し、そしてシャッフルされたカードを法則に従って展開するという行為は、そのまま混沌とした自我の再構築に繋がるのです。

「あなたの迷いを決意に変える」というフレーズをブース等に出演するときに使用していますが、これは故なき宣伝の一文ではなく、クライアントの無意識層まで到達しうる力をタロットが持っていることを表現したい、と考えたフレーズです。一見稚拙に見えるタロットの図像は、深層意識に到達するための精緻な構造を持っています。

【鑑定について】

土日のみですが、新大阪の鑑定ルームにて鑑定しています。あと、不定期ですが、各種イベント等に出演する際は、こちらのブログでお知らせ致しますので、宜しくお願い致します。




2006/6/19  23:42

投稿者:マルセタロー

ももりんさん

難波のブースにいらして下さったんですね。不在で失礼いたしました。超不定期出演ですが、いつかお会いできるのを楽しみにしています♪

2006/6/19  11:01

投稿者:ももりん

よしもと開運健康幸福百貨店に昨日行ってきました
マルセタローさんの出演日とは違うようでしたね

もしかして、もしかしたらお会いできるのかしらなんて思ってましたが残念でした(^^;)

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=momonoyume

2006/3/26  18:51

投稿者:マルセタロー

たまきさん、はじめまして。

書き込みありがとうございました。色々と勉強されご経験されておられる上に、さらにタロットにもご興味がおありとの事で、そのご熱心な姿勢には頭が下がります。他のタロットにも様々な長所があるかと思いますが、私が常々感じるカモワンの長所は、クライアントの方がカードを見て、そこから解決策を見つけていく方法にあると思っています。たまきさんもお書きのように、クライアントの方ご自身がカードを見ながら分析力を発揮し、そして問題解決のための鍵を自分自身で見つけていかれる方がかなりいらっしゃいます。ご縁があった方に少しでもそのお手伝いができれば、嬉しいところです。また機会がありましたら、お立ち寄り下さいませ。

「香り」については、私はまだまだ勉強不足ですので、ブログにお邪魔させていただいて、質問させていただければと思いますので宜しくお願い致します。ちなみに私は自宅だけですが、フランキンセンスとミルラの香木と既製品のお線香を主に使っていまして、少しずつ他の香りも試していこうかなと思っているところです。

なかなか更新できていないブログですが、懲りずにお越し下さいませ。

2006/3/26  15:53

投稿者:たまき

はじめまして。たまき七瑛と申します。
今日始めてこちらを拝見しました。
4月から心理カウンセラーの仕事を本格化させようと思い、その方向性や個人的に勉強しているカバラ数秘学や算命学の取り入れ方を、あるヒーラーの方に相談に行ったところ、(なぜか)タロットも良いのでは、特にカモワンタロットが良いよ、と言われました。
以前からタロットの凄さには注目していましたが、自分で始めるとは考えたこともなく。でも面白いだろうとは感じています。(カウンセラー方で、タロットをされる方は結構いますね。タロット大学の先生にもいらっしゃるし。)
関西でも研究会があるようで、興味が湧いてきました。いずれご縁があると嬉しいです。
ヒーラーの方には、私は既に、学ぶ事に費用をかけ過ぎているので(確かに!)まずはあるものの中で仕事するよう、タロットは自分でも勉強できるからと言われたのですが、カモワンはそうじゃないみたい…(言われたことが矛盾しているので解釈が難しい^^;)
大阪でもリーディングされているんですね。
私はタロットの占い部分より、その奥深い心理に働く分析力に注目しています。(私はクライアントに自己分析力を身に着けて欲しいので)。
いずれ鑑定をお願いできたらと思います。
ちなみに“香り”についてですが、私も前職の仕事柄、日常でもアロマとお香を楽しんでいます。
マルセさんも大学の講座で学ばれたかもしれませんが、自分の体験や知人のセラピスト達の情報によると、瞑想・浄化にはサンダルウッドやシダーウッドやジャスミン(ヒーラーのため)、神経の繊細な方にはイランイランやサイプレス、女性客にはローズ系が良いようですね。
外国産のお香では、数ある中でもインド産でヨーロッパ人向けに作られている[MAROMA]のものが、格段に優れた広がりや奥深さや持続性をもって入る気がします。(京都のアジアン雑貨ショップで売ってます)
私もいつか場所を設けてセッションができればと思っていますので、今度鑑定に伺った際は、そのあたりのことも観てくださいね。
またこちらに遊びに参ります。では…


http://ameblo.jp/tamaki-7/

2005/7/11  0:13

投稿者:マルセタロー

ゲゲッ!
さちさんまで見つけられましたか(^^;)

まあ、細々とやっとりますので、気長に見守ってやってください。本町の方はいつでもウェルカム状態ですので、気軽にお立ち寄り下さい。

2005/7/10  12:14

投稿者:さち

マルセタローさん、こんにちは!ブログ、書かれてたんですねぇ・・・じっくりたっぷり、読ませていただきますね(^−^)
又、本町ルームにお邪魔させていただきますね。

2005/6/17  23:46

投稿者:マルセタロー

今口さん、圓寂坊さん おいでませ!

というか、今口さん
よく見つけられましたねぇ(@_@)
月末の隠者コースでは
また宜しくお願いします。

圓寂坊さん
やっぱり正座は体重ですか・・。
多分そうじゃないかと思ってました(^^;)
あと、リンク追加させていただきます。
では明日。

2005/6/17  10:38

投稿者:圓寂坊

ども、マルセさん。圓寂坊です。(^-^)

なんと、今日のぞいてみるとプロフィールに写真が…。(@o@)
なんか落ち着いた実力派の占い師に見えますぅ。

それと、「京都・貧乏観光案内&煎茶道日記」の方へも
ちょっとお邪魔しました。なんと、四月ごろからブログを
つくっておられたんですねぇ。(^-^)…正座はやはり
体重を減らすのが一番楽になります。(―圓寂坊経験談より―)
では、明日。

2005/6/17  1:18

投稿者:今口

こんばんは、今口です。覚えてます?
RSSリーダーで発見しましたよ、コメント一番乗りですよね。
では、また隠者コースで



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ