2013/9/4

AKB大島優子、主演・キムタクの妹役に抜てき『人生最初で最後だと思う』  SMAP

10月スタートのTBS・日曜劇場【安堂ロイド〜 A.I. knows LOVE?〜】で主演の木村拓哉と兄妹役を演じるAKB48・大島優子

 AKB48の大島優子が、TBS系新ドラマ【安堂ロイド〜 A.I. knows LOVE?〜】(10月スタート、毎週日曜 後9:00)で、主演のSMAP・木村拓哉と兄妹役で初共演することがわかった。

他局の単発ドラマではSMAP草なぎと共演する大島優子

 現在、放送中の【半沢直樹】から一転、10月からの同ドラマ枠で放送される【安堂ロイド】は時空を越えた究極のラブストーリー。
木村が未来からきたアンドロイドと天才物理学者の一人二役で主演することや、女優・柴咲コウとの【GOOD LUCK!!】以来10年ぶりの再共演、コンセプト・設定協力で【新世紀エヴァンゲリオン】の庵野秀明監督が参加するなど話題豊富な中、大島が参戦。

 同ドラマで大島は、木村演じる沫嶋黎士(まつしまれいじ)の妹で、兄と同じく物理学者で大学の准教授・沫嶋七瀬を演じる。
一風変わった性格の持ち主で、兄の婚約者である麻陽(柴咲)を実の姉のように慕うという役どころ。

 大島は『木村さん、柴咲さんの最強のお二人と共演させていただけることが光栄で、大変うれしく思っております。素晴らしい共演者、スタッフの方々と、皆さんを体験した事のない未知の世界に引き込み、この作品が光り輝くよう努めます』と意気込む。

 現在と100年後の未来が、ある一部分のみで【タイムケーブル】を通してリンクできるようになってしまった2013年のある日、一人の天才物理学者・沫嶋黎士が殺された。
彼には最愛の婚約者・安堂麻陽がいた。
最愛の人を亡した上、彼女自身も理由の判らぬまま正体不明の相手から命を狙われる身となる。
そんな彼女の前に、死んだ黎士とそっくりの容姿をした謎の男・ロイドが現れる。
100年後からやってきた彼の使命はただ一つ、命をかけて麻陽を守りぬくことだった。
アンドロイドと人間の時空を超えたラブストーリーの背景で、一体、何が起きているのか!?

 そのほかのキャストには、黎士が中心となっている沫嶋研究室の研究員として、海外からの留学生で、飛び級で進級したため周囲より年齢が若い助手・江戸川斗夢(とむ)役にジェシー(ジャニーズJr.)、同じく研究室の助手・栗山薫役にモデル・女優の山本美月、麻陽の勤めるIT会社の広報室の社員で、麻陽に片想いする天才SE・星新造(しんぞう)役に桐谷健太、同じく広報室の腰掛けOL・小松左京子(さきこ)役に山口紗弥加、麻陽の母親・安堂景子役に名取裕子、ロイドの体をメンテナンスするために未来からやって来たアンドロイド・サプリ役に本田翼、ロイドと麻陽の周囲で起きている事件を捜査する警視庁公安部に籍を置く謎の幹部・角城元役に平岡祐太、同じく公安に籍を置くベテラン刑事・葦母衣朔(あしもいさく)役に遠藤憲一らが出演する。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ