2013/8/28

岡田准一、絶賛の声にご満悦『凛々しくて素敵』  V6

V6の岡田准一が27日、東京・渋谷のNHKにて行われた2014年NHK大河ドラマ【軍師官兵衛】スタジオクランクイン記者会見に出席した。

会見には岡田のほか、黒田官兵衛の正室・光役の中谷美紀、主君・小寺政職役の片岡鶴太郎、父・黒田職隆役の柴田恭兵が登場。
4人は、役衣装である【辻が花】と称される絞り染めの麻の着物(小袖)を着用した姿を初披露した。

共演者たちは、岡田の官兵衛姿を『月のような存在です。岡田さんの静かで威厳のある佇まいは、まさに官兵衛そのもの。妻としてとても光栄です。凛々しくて素敵なお殿様です』(中谷)、『キレる男のいい顔をしてますね。官兵衛は、岡田さんしかいない』(片岡)と絶賛。

また、柴田は『セリフ回しやセリフにかける思いが僕に似ている。最近は若い役者さんとご一緒することが多いんですが、そう思ったのは初めてでした。これならあまり深く考えずに、親子になりきれます』と太鼓判を押した。

一方、称賛を浴びた岡田は、『今日は若いときの衣装なんですが、この間撮影した1話では、現役バリバリの官兵衛が登場します。その衣装を着てスタジオに入ったら、スタッフさんから『オー!』と言われました』とご満悦の様子。
大河ドラマ主演決定の反響については、『決まった瞬間から『がんばってね』と声かけられることが多くなりました。おばちゃんたちにもよく触られるようになりました(笑)』と冗談交じりに語り、笑いを誘った。

大河ドラマ【軍師官兵衛】は戦国乱世を終わらせるために突如現れた天才軍師・黒田官兵衛の生涯を脚本家・前川洋一氏によるオリジナルストーリーで展開。
岡田が演じる黒田官兵衛は戦の天才でありながら類まれなる智力を持ち、信長・秀吉・家康の三英傑に重用された人物。
槍や刀で人を殺すのではなく、巧みな弁舌と軍略で数々の戦を勝利に導き、秀吉の天下取りを演出する。

同作は、2014年1月よりスタート。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ