2013/5/4

NEWS増田貴久、クールで冷酷な役柄を演じるために、水分量を80パーセントに減らす!!  新素

NEWSの増田貴久が主演を務める舞台【ストレンジ・フルーツ】が初日を迎え、公演前に増田と南沢奈央が報道陣の取材に応じ、意気込みを語った。

増田にとっては【雨の日の森の中】【灰色のカナリア】に続く3本目の舞台作品となる本作。ハードでシリアスな内容の本作について『せっかく3回目をやらせてもらえるなら、違う役に挑戦したいと言ったら、ものすごく違う役が来たんです。でもやってみたら楽しいですね』と充実した顔を見せる。

 本作の舞台はさびれた観光地の廃校。
市は、観光客の呼び戻し計画の一環で、市は7人の若手アーティストを誘致。
最高傑作を作りあげたアーティストに1億円という高額な報酬を準備した。
しかしそのことがきっかけで、彼らの間に裏切り、貶めなどが繰り広げられることになる、という物語だ。
増田が演じるのは、クールで冷酷な映像作家の千葉。
この役には南沢も『普段の増田さんとはイメージが違うので、役に切り替わった瞬間に、役のするどさ、目つき、立ち姿なんかが怖くなるんですよ。プロだなと思いましたね。勉強になりました』と感心した様子。

 役作りのために、2、3か月前から水泳や筋トレを行い、体を絞ったという増田。
自分の水分量を80パーセントくらいに減らそうと思っているんです。いつもは120パーセントうるおっているんですけどね』と冗談交じりに付け加える。

 増田にとって、本舞台は、出演した舞台作品としては初のラブストーリーとなる。
増田さんのファンの前で(南沢と)ラブストーリーを演じることになりますが』という報道陣からの質問にも、『ファンの方は皆さん優しいので』とファンを信頼している様子の増田。
続けて、NEWSの他のメンバーも本舞台を観に来ると増田に伝えてきたことも明かしたが、増田自身は『来るときには、前もって来るとは言わないでほしい。来ているなと思うと気まずいんで』と付け加え、周りを笑わせた。

舞台【ストレンジ・フルーツ】は5月26日まで東京グローブ座にて上演(5月28日〜6月2日までは大阪の梅田芸術劇場での公演もあり)。
0
タグ: NEWS




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ