2013/5/1

優馬がマリウスが!ファンと密着『さわってね』  Jr.

ジャニーズ事務所の若手が中心となって行うライブイベント【Live House ジャニーズ銀座】が28日、東京・日比谷シアタークリエで開幕した。
この日はスペシャルバージョンとして、NYCの中山優馬やSexy Zoneのマリウス葉、松島聡ら22人が登場。
メンバーは客席間の通路を練り歩き、タッチや握手などファンとの“密着”大サービスで盛り上げた。6月2日まで同所で。

 ジャニーズの将来を担う若手による最高の“おもてなしライブ”が初日公演を迎えた。
ステージと客席最前列の距離は約1・5メートル、22列目の最後列でも間近に感じられるメンバーに、609人のファンは大興奮だ。

 マリウスが『最高の日にしましょう!』と呼びかけると、松島とのSexy ZoneコンビでNYCのヒット曲【勇気100%】を歌い出し、爽やかに幕開け。
曲中、次々とメンバーが登場し、最後にNYCの優馬が現れると会場のボルテージは最高潮に達した。

 優馬は【いいとも青年隊】として活躍中のnoon boyz(真田佑馬、野澤祐樹)、ジェシー、松村北斗のジャニーズJr.の人気メンバーを引き連れ、劇場のステージでは珍しい客席中央に設置されたお立ち台へ。
ハイタッチや握手など、これまでにないファンとのふれ合いを重ねた。

 真田が『僕たちが近くに行ったら、さわりに来てくださいね。僕たちもさわりに行きます』と発すると、歓喜の悲鳴が渦巻いた。
メンバーは歌唱中、次々と客席に降りて歌舞伎の花道のごとく練り歩き、ここでもファンと手と手を合わせる大サービス。
トークコーナーではファンを直接ステージにあげるなど、垂涎のコミュニケーションでわかせた。

 今年で4年目を迎えた“クリエ公演”。
今回はジャニー喜多川社長の『個性を出してほしい』との意向で、ステージは各自の自由演目。
6月2日まで59公演で過去最多の12グループが日替わり演出する。
5月3〜5日に出演する優馬は『こうしてほしいというファンの要望があったら、変えていきたい。中身は日々、変わります』と新たな試みに気合十分だ。

 全25曲の歌あり、トークあり、触れあいあり。
ファンにとっては夢のような90分。優馬は『舞台でも、コンサートでもないような新しい形のパフォーマンスで、僕たちもすごく楽しめた。ファンの方々も楽しんでいただけたと思います』と胸を張った。
6月2日まで若い才能たちが、憧れのメーン舞台で思う存分に躍動する。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ