2012/2/25

声優初挑戦のNYC中山優馬も興奮!【ジョン・カーター】ワールド・プレミア開催  NYC

ジョージ・ルーカスやジェームズ・キャメロンら名だたるクリエイターにも大きな影響を与えた、エドガー・ライス・バローズの名作SF小説【火星のプリンセス】の完全実写化で、ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念する超大作【ジョン・カーター】のワールド・プレミアが2月22日(現地時間)、米ロサンゼルスで開催された。

 会場となったリーガル・シネマズ前のレッドカーペットには、主人公カーター役のテイラー・キッチュ、プリンセス役のリン・コリンズ、タルス・タルカス役のウィレム・デフォー、カーターの甥エドガーを演じたダリル・サバラ、アンドリュー・スタントン監督ら主要キャストとスタッフが一堂に集結し、喝さいを浴びた。

 また、日本語吹き替え版でストーリーの鍵を握るエドガー役の声優を務めた“NYC”の中山優馬も、特別招待を受けてレッドカーペットを闊歩。
声優に初挑戦しただけでなく、ハリウッドでのレッドカーペット初体験を果たした感想を『とても光栄です。レッドカーペット自体が初めてなので、一歩一歩踏みしめて歩きました。あこがれのアンドリュー・スタントン監督に会えたことも夢のようです』と、興奮を交えて語った。

 スタントン監督は『年齢的にも、冒険心あふれるエドガーの資質にもピッタリだと思う。次回作は未定だけど、ぜひ出演を検討させてほしい。あとで連絡先を交換しようね!』と、対面した中山にラブコールを送った。

 【ジョン・カーター】は3月9日に全米公開、日本では4月13日から全国で公開される。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ