2010/12/31

マッチ 22年ぶりのレコ大  その他ジャニーズ

30日に新国立劇場で開かれた【第52回輝く!レコード大賞】では、【心 ざんばら】で最優秀歌唱賞を受賞した歌手近藤真彦(46)が22年ぶりにレコ大のステージに立った。
デビュー30周年に、史上5人目のレコ大3冠を達成したマッチ。
感無量の面持ちで『またこのレコード大賞に挑戦してこい、というメッセージだと思う』と語り、【心 ざんばら】【愚か者】【ギンギラギンにさりげなく】の“3冠メドレー”を歌い上げた。

 『たいへんな賞をいただいてしまいました。この賞をいただくか、迷ったときもありました

 最優秀歌唱賞を受賞したマッチは、スーツ姿で登場すると、あらたまった様子で話し始めた。

 『でも30年、一生懸命、歌が好きで歌い続けてきて、歌の持つ力、元気、勇気、ときには悲しさも伝わればいいと思って歌い続けてきた。うまく歌えればいいと思ったことはありません』。
武骨でまっすぐな歌声が持ち味のマッチらしくストレートに語った。

 歌ったのは今年の同賞曲【心 ざんばら】、1987年の大賞曲【愚か者】、81年の最優秀新人賞曲【ギンギラギンにさりげなく】の“3冠メドレー”。
史上5人目の快挙にふさわしい堂々としたステージングを、司会の堺正章は『貫禄がありましたね』、藤原紀香も『言霊を感じました』とたたえた。

 レコ大登場は【あぁ、グッと】で金賞に輝いた88年以来22年ぶり。
ジャニーズ事務所の歌手としても、90年の最優秀ポップス新人賞・忍者以来20年ぶり。
この間、事務所側は『同じ事務所のタレントを競わせるのは忍びない』との理由でレコ大から距離を置いていた。

 マッチの受賞について事務所側は『レコ大とともに育った歌手。今の若いタレントと違う』と特例であることを強調。
マッチも『個人的には好き。勝ち負けがはっきりする残酷さがいい。普段からクルマのレースをやってるくらいだからね』と笑い、ステージでは『30周年のご褒美の歌唱賞。『マッチ、またいい歌と巡り合って、このレコード大賞に挑戦してこい』というメッセージだと思っています』と宣言。
歌手として3冠のさらに先を目指すことを誓った。

 【心 ざんばら】は08年4月に亡くなった作詞家川内康範氏の作品。
恋人の死に直面した男の張り裂ける心情をつづった内容で、川内氏が89年、【近藤にぜひ歌わせたい】と指名して贈った。

 しかし86年に母親を交通事故で亡くし、翌年に遺骨盗難事件があったマッチを思いやって、事務所側は【まだ歌わせられない】と判断した。
デビュー30周年を迎え、マッチはこの曲の封印を解き、活動の軸にしようと決意し、歌い込んできた。

 『最後に古い話なんですけど…僕も悲しい思い出がありました。しかし何といっても僕を産んでくれたおふくろ、母に感謝しています』。
言葉を詰まらせながら語り『感情が高ぶってヤベーと思った』が、歌い出してからは新人賞、大賞のときのような涙は見せなかったマッチ。
46歳の男の渋味と芸能活動30年の重みを凝縮した歌唱で、メモリアルイヤーを力強くしめくくった。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ