バンコク音楽日記

バンコクに住んで日常、目にしたり体験したこの国の音楽事情/情報の覚え書きです。
ルークトゥンからT-Popsまで幅広く。
但し、守備範囲は私個人の好みに合わせますので、アシカラズ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:komta
つるをさん。。
はい!失礼、甚だしいですね。(うそうそ)
いや、まさにそうです。が、一般の人がいつまでも昔の思い出に浸りたいという。。で、そういう需要に応えるべくモノがあると。。所謂、ナツメロ嗜好。特にこの国ではそういう傾向が強いかな?
歌は歌った歌手のモノという面と、この国の皆のものという側面もあると思わせますね。だから、他歌手が歌ったモノでも皆歌う。そして、皆で大合唱。。。それはトテモ素朴で深いと思わせられます。
投稿者:つるを
私が忘れていても、誰かが覚えていて。
NHK関係の番組を見ても、昔のヒット曲があるために、しぶとくテレビに出てくる歌手がいますが、そんな感じでしょうか。
というと、失礼かなあ。
投稿者:komta
漆黒さん。。
昨晩の「When Im feeling blue」は最近でもかなり出来が良かったです。一人弾き語りのコレもいいんですが、バンドつきだとまた少し違って来て、迫力があって良かったです。
トンローでのLiveは日曜日で一応終わり、その後はいまのところ予定が無いみたいなんで、ラッキーでしたね。
それでは!また、今晩!
投稿者:漆黒螺旋
komtaさん、どーもです。
今回もご一緒させていただきありがとうございました。
まだまだタイポは未熟者でブドーカンの彼女とROSE以外はぜんぜん知りませんでした。アイという歌手は、確かに声に個性があり、おもしろそうですね。ROSEとのデュオもメリハリがあってよかったです。私は、ROSEの「When Im feeling blue」が聞けて満足してます。後、ここの店(店の名前忘れてしまいました(^^;))の、ムーサテ「ムーヤーン?」おいしかったです。バンコクの郊外パブのライブはいいですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ