2018/11/4

2018(31) 11月3日 一義丸カワハギスポット出船  

松輪、一義丸さんもそろそろカワハギ乗り合いを出す準備。3日に、スポット出船するとのことでお誘いがあり、参加してきました。なんと、2隻出し、さすが、釣らせる船宿で人気ですね。
ユキ船長船とヒロキ船長船ですが、くじ引きで、ユキ船長船、右舷艫から3番目。
今日は、先日、丸十丸での大会で優勝賞品としていただいた汐よしさん作のカワハギ竿の入魂をしようと思い持参しました。
港前から開始。最初に、お神酒で竿を清めてから、仕掛けの投入。初めてのロッドなので、調子がよくわかりません。汐よしさんのお話しでは、錘負荷30〜40号、9/1の調子とのことでしたが実際の感じでは、少し、穂先から胴にかけての硬さが私には、少し、柔らかい感じでした。
とにかく、初下ろしなので、一枚何とか釣って、入魂したいと丁寧に誘いを入れましたが、渋いようでなかなかアタリが取れません。う〜ん!!。参ったな〜〜。
一義丸さんも初出船ということで、渋いとみるとすぐに移動。フットワークは相変わらずいいですね。両隣は、ぽつぽつと上げてはいますが、私には、・・・・・。(−−)
とうとう、2時間半、ノーヒット。よっぽど、竿を変えようかと思いましたが、入魂しないことには、汐よしさんに申し訳ないということで、我慢の釣りが続きます。
そして。9時半ごろ、やっと、ヒット!!。やれやれです。この時、両隣はすでに5枚ゲット。追いつくのは大変かな〜といったところ。
金曜日のシマノSGのプラも期待しているので、直ちに、使う予定のさくら激乗り先調子に切り替えて、再開。
するとどうでしょう〜。すぐに、アタリがでて、掛けると、上がってきたのは、いきなり、ダブル!!。やっぱり、和竿との違いがはっきりわかりました。アタリの出方が、かなり、違います。

さて、ユキ船長、ポイントチェックのこともあって、どんどん、釣り場を変更していきます。その都度、ポツンぽつんとの拾い釣り。午後に入って、剣崎沖。ちょっと深場ですが、大型が上がりました。この時間くらいで、両隣に釣果も追いつきました。12枚。残り1時間半で4枚上げて、16枚でフィニッシュ。前半入魂までの時間を考えると、まずまずの釣果だったと思います。リリースサイズは3枚で、コッパは少なく、ほとんどが20cm前後。週末の大会の準備には、いい練習になりました。
一応、スポット出船ということで、早掛け賞と大物賞がありましたが、運よく、大物賞(サイズ26.5cm)をゲットすることができました!!。
この前の丸十丸さん優勝に続いて、2連勝となりました。どうやら、私には、数より、大型が憑いているようです。(^^)/
ということで、楽しい時間を過ごさせていただきました。
今日のプラを参考に金曜日は頑張りたいと思います。(^^)

写真を少しUP。
出船前の船着き場。ワラサ狙いの船ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

宮本さん、芦ちゃん、中村さん。今日のいいメンバーです。お馴染ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の釣果です。持ち帰り13枚。

クリックすると元のサイズで表示します

大物賞としてお米と5000円割引券をいただきました。次回、使わさせていただきま〜す。
一義丸さん、ありがとうさんです。(^^)
クリックすると元のサイズで表示します

今回も楽しい釣りができました。 また、次回!!(^^)/

         ― おしまい ―
2

2018/11/4

2018(30) 10月26日  今シーズン初フグ釣り  

好きなスミイカ釣りが、風でポイントに入れず、近場の釣となってしまい、思うような釣果に恵まれないので、今度は、今シーズン初のフグ釣りに。いつもの忠彦丸午後船です。予約乗り合いなので、朝、予約を入れて船宿に。思いのほか、多いお客で9名。もう2名来る予定で待っていましたが、道を間違えたらしく、到着せず、やむなく15分遅れで出船。今日は、さとし船長ではなく、ベテランの斎藤船長。その昔、真鯛でよくお世話になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

私の良く使う仕掛けは、チラシ針。この方が、エビの付け方を考える必要がないのでね。

クリックすると元のサイズで表示します

ショウサイフグは、大貫寄りでいい釣果が出ているようですが、斎藤船長は食べておいしいアカメフグを今日は狙うとのこと。私も、その方がありがたい!!。
最初、港前の赤灯台付近を流しましたが、あまり良くなく、すぐに、軍港前へ、ここも良くなく、佐島付近〜堤防前、日産の輸出用手波止場など、アカメフグポイントをフットワーク良く、回ってくれましたが、今一つ。(−−)最後に、住友ドック周りを攻めたら、なんと、大当たり!!。(^^)
型も、どんどん良くなって、最後は、1kg〜1,2kgがドスンドスンときました。
あっという間に、沖上がり時間となりました。数えると、なんと12本で次頭。上出来です!!。船中3〜16匹。竿頭はミヨシ側の方でした。見ていても、お上手でしたね。
フグは、下船後、捌いてくれますので、お願いして、後かたずけ。ビニール袋ズッシリのお土産となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フグは、1〜3日寝かせてからの方がおいしいので、今夜はお預け!!。明日が、楽しみです。

フグ初戦、良い釣りができました。また、ぶら〜と言ってみますかね。(^^)

         ― おしまい ―



1

2018/10/25

2018(29) 10月20日 再度エギスミイカ釣り  

いつもの忠彦丸さん午後船です。この前のスミイカ釣り、北風強く、ポイントの中の瀬まで船が出せず、住友ドック前をウロウロしての釣りで、やっとこさ、2杯。
再挑戦ということで、土曜日ですが行ってきました。早めに行ったので、今回は、右舷ミヨシにはいりました。お客さん10名。程よい人数ですかね。今日は、中の瀬に行けるだろうと思っていたら、やっぱり、北風強く、港前ですでにドンブラコ、この前と同じ状況・・・。(−−)中の瀬を断念して、この前と同じ場所!!。良いはずがなく、やっとこさ、4杯。トップは、知り合いのNさんの7杯。シャコテンヤでやったそうで、餌木よりはよかったようです。なかなか、半日5杯の壁が破れず、残念です。 
それでも、スミイカは、たいへん、美味しいですしね。船上での捌きも、うまくなって、今では、まったく、墨に悩まされることなく、持ち帰れるようになりました。(^^)

また、タイミングを見て出かけますかね。  ― おしまい ―
1

2018/10/25

2018(28) 10月17日 DKO参戦  

カワハギ釣り大会の最高峰といわれるダイワカワハギオープン。メーカーやプロ釣り師も含む名手が揃います。この大会、各地で予選会が開かれますが、最大は、カワハギのメッカ、久比里予選会です。久比里3船宿で、それぞれ、4隻。3日間に渡っての大会で、私は、B予選、やまてん丸に参戦。97名で、15名の予選通過を競います。
6時ごろ、船宿に到着。すでに、多数の参加者が受付け待ち。かやゴンさん、井ノ内さん、小林さん、増澤さんなど名手が並んでします。籤運は相変わらず悪く、D船右ー10番。片舷13名ですから、艫寄りの胴の間。船も、一番小さい船だったので、狭く、皆さん融通しながらの着席。

クリックすると元のサイズで表示します

大会挨拶です。この後、すぐに出船。竹岡沖を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

前日の巳之助丸での予選会は、激渋だったそうで、今日はどうかな〜と言う声がしきりに聞こえてきます。あまり、渋いと4隅の潮上が、絶対的有利で、胴の間では、簡単にはいきません。
案の定、激渋で、最初の1枚は、比較的早く釣れましたが、それはそれは、厳しい釣りとなりました。なんせ、エサも、ろくに取られないので、打つ手なしです。
名手揃いの上、片舷13名と満船状態ですから、なおさらのことです。
いろいろ、引き出しを出して、やってみましたが、宙釣りは全く反応なし。底〜0テンでゆっくり待つ釣りしかアタリは出ませんでしたね。
やっとこさ、5枚。両隣の4人の方は、2〜3枚でフィニッシュ。撃沈と相成りました。
審査員の近藤さん(つり丸スタッフ)に聞くと、トップはミヨシで,投げまくって広く探っていたかやごんさんの9枚。なんと、トップでツ抜けしていませんでしたので、如何に渋かったかということですね〜。どうやら、5枚でも5位タイのようでした。
帰港して、他船の状況も聞きましたが、やはり、厳しかったようです。
予選通過者の面々です。おめでとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、今年も、惨敗。また、来年ということになりました。(−−)

 良いとこ無しの平凡な成績でした〜。 ― おしまい ―
1

2018/10/14

2018(27) 10月13日 スミイカ釣り  

この前、スミイカの初釣り。エギスミイカ。潮も一回りしたのでワンサイズ大きくなってきたようで、再度、行ってみることに。天候は、曇りでいいのですが、北風が強く、本命の中の瀬にはいけないとのことで、近場での釣りとなりました。
土曜日午後船なので、混みそうで、少し早めに行って、釣り座をキープ。お客さん12名。船宿で休んでいると、なんと、優美さんとばったり。他のグループと御一緒とのこと。船上で準備していると今度は、みたぼんさん登場。ホントに久しぶりです。本当は、DKOプラでカワハギに行きたかったのことでしたが、早起きできなかったのでこちらに来たとか。
さて、定刻出船。しかし、北風の強風!!。強烈で、ドッグ前まで、スローバッタん操船でドったんバッタん。これでは、中の瀬は、無理だな〜〜と思いつつ、どこでやるのか気がかり。
風波を避けて、ドック横、波止め堤防の内側に入っての釣り。水深12m前後。風を避けての釣り場なので、結局、ここと横須賀軍港近くの堤防沿いを行ったりきたりでした。左舷が、良かったようですが、やはり、釣果は伸びず、船中1〜5杯。わたし、2杯の貧果。ないですね〜。本来の釣り場ではないので、まあ〜仕方がないですね〜。

ということで、いつものように、船上で捌いて帰宅。この前のタチウオに干物と合わせて、刺身にしていただきました。それにしても、スミイカはおいしいおいしいです!!。(^^)

           ― おしまい ―

おいしい
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ