2004/11/30

雪:その1  自然

今日は、午前中雪が降るかも...という予報でしたが、外れました。寒いのは嫌ですが、ちょっと残念な気もします。
私が初めて雪を見たのは、中学生になる春のことでした。それまで雪の降らない(しかも地震のない)南国に住んでいたので、雪は、クリスマスツリーの飾りに使う綿のようにふわふわしたものだと想像していたのです。ところが、3月の駅のホームに残った雪は、もうすっかり圧雪で、黒くすすけていました。さわってみて、意外な硬さに驚いたものです。
雪との最初の出会いは、あまりいい印象ではなかったのですが、その年の冬は、10年に一度の豪雪ということで、一階がすっかり埋まってしまうほど、つまり約3メートルの雪が積もりました。中学校の屋上では、3年生が雪下ろしをし、中には屋上から新雪の上に飛び降りる人までいたんです。すごいカルチャーショックでした!
雪にまつわる話は、まだいっぱいあるので、いずれまた☆



2004/12/1  23:07

投稿者:カマンベール

そうそう、雪ってわくわくするんですよね。今でも
新雪の上にバタンと倒れて人の形の穴を作ったり、
雪だるまを作ったりして遊ぶことがありますよ
(笑)雪かきもけっこう好きです!今年は、「my
かんじき」が、欲しいなぁ〜☆

http://tenki.jp/qua/quake_0.html

2004/12/1  20:54

投稿者:キンロウ

雪って降るとなにか心躍るというかワクワクするというか、なにか魔力のようなものがありますね。大人になっても雪が降ると外に出て歩きたくなったり、その後の雪かきはメンドイですが(笑)
山梨は豪雪地域じゃないですけど、毎年2、3回は
どっと降るんですよね、冬の楽しみの一つです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ