2011/2/25

第2回 Trafficonf (交通勉強会)  Trafficonf

昨年11月に第1回が行われ、大盛況に終わったTrafficonf。
その第2回が開催されるとのことでしたので、行ってきました。



今回の開催予定は、本来なら2月19日の午後でしたが……会場を押さえられなかったとのことで20日の午前になりました。
2月20日はこんな用事もあったのでちょっと厳しいかな……と思いましたが、午前中なら大丈夫だろうと思い今回参加を表明。
学院鉄研からは前回と同じtxpresくん、fukkuu268くん、そこへ前回出られなかったsalvare455くんを追加し、4名で参加することとなりました。

前回は学校から向かいましたが、今回は自宅から直行。
午後の準備をしてからかさばるリュックを背負って出発。
会場は前回と同じ「雑司ヶ谷地域文化創造館」ですが……副都心線や都電使うのも金が飛ぶので、素直に池袋から歩いて行きました。


・「Trafficonf」運営募集! by Azusayumi_(主催者)
Trafficonfの円滑な運営を目指し、企画・準備の増強を図ります。
また、主催者が限定されてしまうことによるマンネリ化の防止を図り、是非屋外や東京以外でもTrafficonfを開催したい。
Trafficonf開催を決定していく過程としては、勉強会内での余剰時間を使った会議、Google Groupsを用いたネット上での会議が主体となる。そこで企画、主催者を決定する。
主催者は基本的に持ち回り制、半年〜1年周期で会計担当も設ける。
会場を借りる上で必要になる可能性もあるので、将来的に規約や名簿を作成するかもしれない。

-感想
ここは特に感想とか書く内容じゃないんですけど……。
あとの懇親会で運営者募集がありましたので、私も運営者として登録することにしました。
とりあえずまずは円滑な運用に努めたいですな……安定してきたらなんか企画したいものです。


・〜さらば横浜ステーションビル〜 by Azusayumi_
※ここで扱う横浜駅とは戦後期以降を指します。
(-Google Mapを用いた説明が多かったのでそこは省略-)
西口にはファッション系ショッピングビル、商店群が立ち並ぶ。主に相鉄が主導して開発。全体的にごちゃっとしている。
対して東口は、分かりやすく行きやすい。しかし三セク主導のため着工が遅かった……。高速道路の橋脚は路面電車の跡地を活用している。
横浜駅周辺の特徴として、高集積・地下開発・車が進入しやすく駅近駐車場が多い。
ただ、そんな横浜のビル群は老朽化が進んでいるため建て替え計画がある。それをまとめて一括で管理するのが「エキサイトよこはま22」計画。
各ビルで開発していくと、またごちゃっとなるのでグランドデザインを統一してすすめる。
横浜市中心部をいくつかの地域に分けて再開発し、親水と活力ある商業地域を目指す。
その中にJR東日本が駅上空間に33階建てビルを建設する計画を組み込んだ、そうするとむしろ駅外に出なくなるのでは?という危惧、駅上空間にを開放的にしたい行政との対立、そもそも駅舎は改修しないでいいの?という不安が生まれている。
また、関内・元町・みなとみらいといった近隣地域とどうバランスをとって開発するか、川崎や都内の商業施設が充実していて脅威なので、どう対抗するかとの課題もある。
横浜駅周辺地区は第二の開発期を迎えた。地盤沈下を防ぐエキサイトよこはま22計画……各者が手を取り合って開発していくべきではなかろうか。

-感想
先日横浜BLITZに行く機会がありましたので、横浜周辺は歩いたばっかりなんですよ。
いやー平日にもかかわらずすごい人出だなぁと感心してたわけですが……ちょっと裏道入るとなんか下町風情まで感じたりと、横浜もおもしろい街だなと思ったり。
西口はやはり歩きにくいですね少し、そして地下は迷宮ですしw
対して高島町の方行くと……土地、しかないですね。
無機質にオフィスビルが立ち並んでて人間味のない風景にはちょっとした戦慄を覚えましたよ。
既にバランスの崩壊した開発になっちゃってる気がしないでもないですが……どうするんでしょうねこの先。
すくなくとも33階建てビルは要らないんじゃないですか……?


・Open Street Mapについてお知らせ by caesium133
※本日は諸用で来られないそうで、あずにゃんが代理でお話されました。
前回お話したOSMについて。
OSM開発者がMicrosoft社へ移籍されました。それによってBingで提供されている衛星写真をOSM開発に提供していただけました。ご利用ください。
また、OSMの日本法人、Open Street Map Foundation Japanが発足しました。
それを記念してシンポジウムが行われますので、興味を持った方はぜひご参加ください。

-感想
OSMねぇ……とりあえず、GPSロガー搭載の携帯端末か携帯電話、導入しようか迷ってたりしないでもないです。
シンポジウム参加はちょっと難しそうですが……興味を持った方はこちらにどうぞ。


・のかですか
・高知圏交通ICカード「ですか」の現状と未来
ですかとは、高知圏中部で使える非サイバネ規格の交通ICカード。電車の「で」、バスの「す」、カードの「か」を組み合わせたのが由来。
主に土佐電で利用でき、市内均一区間でのバス利用時は自動で1dayパスが適用される(→上限500円)
鉄道利用者は年々減少しており、黒字の年もあるが予断を許さない状況。対してバスは利用者も減少しており、年々赤字を計上している。
そこで交通崩壊一歩手前の高知県公共交通を「なんとかしないと!」との思いから導入された。
ネットワーク充実に、ですか。
環境対策に、ですか。
利用促進に、ですか。
定時性に、ですか。
交通安全対策に、ですか。
増収策の一種に、ですか。
利用実態把握に、ですか。
環境意識向上ツールに、ですか。
乗りたくなるような公共交通に向かって。
今後は路線網の再構成、エリア拡充、物販利用、サービス拡大、認知の向上に努めていくべきである。

-感想
最近は地方都市のICカード導入が流行ってますね。
「ですか」の由来は初めて知りました……バスの「す」ってw
あと、非サイバネ規格なんですね……初耳です。おかげでICカード相互利用の支障になってるようですが。
利用者を増やすために必死だなぁと感じます。増収策としてICカードを導入したというのは理論的にはそうなのかなぁという気はしますが、実際のところあまり実感がないかなというのが本音です。
マイカー利用者を公共交通利用に流すのは相当魅力的な何かが必要でしょうからねぇ……。
でもそれで割引サービスとかしちゃうと減収策になっちゃうんですね、難しいところです。
公共交通というのもなくすになくせないものですから、もっと運営体型から変えていくべきかもしれませんな。


・乗りつぶし……? by Galaxie718
Trafficonfが終わったあと、午後の用事を済ませてからサンライズエクスプレスで旅立つそうですw
九州方面へ向かうのですが、どうやって乗りつぶししていくのがいいんでしょうか?というディスカッションに近いおはなし。
時刻表持ってる方は取り出して、指示に従って列車番号探してなぞってみたりとか、あぁ交通勉強会ってのはこういうのもありなのかなと感じました。
……そういえば私も3月に九州行きますが、新燃岳噴火を受けて日南線カットしましたよ。
あんまり宮崎に滞在するのは好ましくないんじゃないかなぁ……と個人的には。
今頃どこにいらっしゃるんでしょうねぇ……(遠い目


・大都市圏の鉄道における直通運転の現状と今後 by takuya870625
ここでは今さらいうようなことではないだろうが、相互乗り入れとは双方の会社に乗り入れるもの、片乗り入れとは片方の会社しか乗り入れないもの。
郊外で宅地開発を行ったことにより、既存のターミナルが混雑限界に達した。そこで、路面電車の代替として整備が進んでいた地下鉄を直通させることで、郊外から都内へ直結させたバイパスルートを形成、混雑緩和を図った。
しかし最近は、各社サービス向上と銘打って既存ストックを活用した直通運転を行うようになった。モノによってはそれまでのものと規模が全く異なるレベルのものもある。
直通運転のメリットは、需要喚起・地域の活性化、ホーム移動解消によるバリアフリー化、運用の効率化による車両基地の再整備が挙げられる。
対してデメリットとしては、運用系統の複雑化による乗客の混乱、乗り入れ設備設置によるコストの増大、他社線遅延の波及が挙げられる。
デメリット解消策としては、フルカラーLED・LCDを使用した詳細情報案内、最新保安設備導入による過密輸送化、部分的な線増による線路容量の増加等が挙げられる。
また、場合によっては直通運転以外の方法でサービス向上をしたりと、使い分けていく必要がある。

-感想
……私が卒論で書いたことですねーw
最近は直通運転の規模が大きくなっちゃって大変ですよね。
湘南新宿ラインによって神奈川の人にも籠原の知名度が飛躍的に伸びたという逸話もありますしww
LCDが普及してきているとはいえ、やはり情報量が増えれば理解しにくくなるのは当然で。
直感的に理解できるような案内方法はないものでしょうかね。
乗り換え解消によりバリアフリー化になるという見方はちょっと新鮮に思います。
なるほどなーと。
ダイヤ乱れの波及についてですが、もっと区間運休を活用してもいいんじゃないかなと思います。
京急の逝っとけや小田急のカメレオンに代表される、超臨機応変ダイヤ。
折返線の整備不足も原因なのでしょうが、もっと保安設備に柔軟性を持たせてもいいのでは?
もしくはもっと輸送指令を有能に(ry


・E5系はやぶさ乗車体験レポート by k_semaki
機会があったので2月17日の試乗会に参加してまいりました。
試運転ダイヤは大宮8:37発→仙台9:48着。……つまり、はやぶさ1号のスジであった。
全車アクチュエーター式電動フルアクティブサスペンション搭載。
アクチュエーター式というのは、揺れを打ち消すように動く仕組み。
275km/hまではほぼ揺れませんでした。N700系と同じく車体傾斜装置を搭載し、300km/hに達しても揺れは気にならなかった。
グランクラスが話題になっているが、3等車wも改善されている。可動式枕が付けられ、シートピッチは従来の980mmから1040mmに拡大されており、非常にゆとりを感じた。
(-その後、300km/hに達する瞬間の車窓をGPS速度計と共に写した動画を見ました。-)

-感想
だからあのE5の色をなんとかし(ry
300km/hに達しても揺れが気にならないというのは……時代も進歩したものですな。テーブルに載せといたタバコが倒れなかったそうですよ。
500系で300km/hは体験したことがありますが……本音を言うと、揺れと音が案外気になりました。
全車フルアクティブサス搭載というのは、全電動車だからというのもあるのでしょうか。
従来は両先頭車とグリーン車だけフルアクティブ、あとはセミアクティブというのが多かったような。
……まぁ、機会があれば是非とも乗ってみたいです。


・JR東日本のモバイルWiMAX戦略 by Ohka
交通とは物理的な移動手段であり、通信とは仮想的な移動手段である。
これをどう組み合わせるかが、JR東日本のモバイルWiMAX戦略。
現在は75Mbpsで通信できるが、将来的には330Mbps対応のWiMAX2導入を予定。
JR東日本はWiMAXを管理するUQコミュニケーションズに出資している。
そこで、その出資をどう活かしていくか。
現在は、京葉E233系のLCDデータ更新・E259系の車内無線LAN・フルLCD式自販機のマーケティング・KIOSKのデジタルサイネージ更新作業・NEW DAYSのPOS売上管理等に利用している。
どれも運行というよりは、サービスの充実に用いられ、これは地下区間に弱みを持ち、移動体に優位を持つというWiMAXの特性を活かしている。
今後は、E657系の無線LANに使用される他、トンネル区間へのエリア拡大を目指す。また、WiMAX2が導入されると300km/h走行中の新幹線からも高速インターネットが使えるようになる?かも。

-感想
JR東はやたらとWiMAX使うなーと思ってたら、出資してたんですね、なるほど。
高速走行中の新幹線から高速インターネットは胸熱ですな。
社会全体のデジタル化に伴って、データの無線通信は必要非可決なレベルになっています。
せっかくUQの株持ってるんですから、社内関係だけじゃなくて無線LANみたいに利用者が便利になるようなサービスの拡大を目指して欲しいものです。
もっと他にも使えることないかなぁ……


勉強会は以上でした。
前回とまた違った毛色の話も多く、興味深かったです。
しかし前にもまして鉄道の話ばっかりだったような……?
航空・船舶の話が相変わらず出てこないので、これは引き続き課題ですな。
……あ、自分で発表するってのもありですかそうですか。

時間ギリギリで地域文化創造館を出たあとは、目白駅の近くにあるロイヤルホストへ。
昼食を突っつきながら歓談となりました。
前回参加できなかったので、今回は参加できてよかったです。
個人的には、はるばる遠くから遠征してくださった木下さんやのかさんと話せたのも嬉しかったり。
……まぁ、鉄道の話に限らず、いろんな話してました。

14時になり、懇親会はお開きに。
目白駅に移動してから解散となりました。
鉄研クラスタでちょっと話してから、私はさいたま新都心に向かいましたと……


次回開催は6月頃でしょうか。
運営側に回ったことですし、自主的に動けるようにしなきゃですね。

それでは参加した皆様、お疲れ様でしたっ。
0
タグ: Trafficonf




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ