2009/12/10  19:47

使える問題集  勉強法

さてさて、公務員試験における勉強の中心は過去問であると言いましたが、本屋さんに過去問集などがたくさん売ってあります。「過去問なんて、どれも同じじゃん」と思ってテキトーに選んでると・・・不合格行きの特急列車に乗車することになりますんで。

つまり独学においては、どの過去問集を使うかによって合否が大きく左右されると言っても過言ではありません。

ホント出来の悪いカスみたいなクソ問題集なんて使ってたら、ちーんですからね。
それぐらい問題集選びというものは重要です。

そこでオーナーの独断と偏見の下、好き勝手に過去問集をレクチャーしちゃいます。
レクチャーというか、オススメしか書きませんが・・・



☆まず新スーパー過去問ゼミ2(通称・スー過去)

これを受験生の間で知らない者はいないぐらいにメジャーな問題集です。
前にも言いましたが、このスー過去さえ完璧にやっていれば試験は合格します。それぐらい出来がいいですね。オーナーもスー過去しかやっていません。

全般的に使えると思いますが、特に専門科目のマクロ経済学改訂版ミクロ経済学改訂版は、某・イエロー本には使うなと書いてありますけど、是非使えですね。出来が非常にすばらしい。民法1改訂版民法(2)改訂版も使えますね。

専門科目はスー過去やってれば十分です。
教養科目は・・・専門科目ほどではないですけど、そこそこ使えるかなと。
数的判断や判断推理は、畑中シリーズでパターンを暗記してから時間があれば使っていいかもですね。

基本的に教養科目はスー過去で出題傾向を把握したうえで、大学受験で使用したテキストでの対策で十分だと思います。教養試験のレベルは、知っているか否かってぐらいの内容かと個人的に思います。



☆スーパートレーニングプラス(通称・スートレ)

こいつも使えます。スー過去もレジュメ部分の出来がいいですけど、スートレはそれをも凌ぐ出来っぷりです。ホントに分かりやすい。上手くまとめてあって、量的にもちょうどいい。回答解説が別冊子になっているため、本当に効率が良い。解説も分かりやすい。
ただし・・・こんな素晴らしいスートレも問題数が少なすぎるという惜しすぎる欠点が。
市役所レベルならこれでも合格ラインに到達できますが、国Uレベルだとちょっと心もとないかもですね。
スートレとスー過去をしっかりやれば更に対策は十分です。

<使える分野>概ね全分野、自然科学はこれで十分戦えると思います。専門分野の労働法刑法はスートレで十分です。いざとなれば、民法1民法2もこれで十分戦えます。



☆パスライン

これは自然科学に関しては使えるかなと思います。他の分野は正直使えない
簡単に済ませますが、パスラはこんなもんです。



とりあえずオーナーはこれぐらいしか過去問は使ってません。
思い出したまた書き加えます。
0
タグ: 公務員試験




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ