2009/12/1  21:03

基本的な勉強方法  勉強法

公務員試験というものは、ただやみくもに勉強すればいいというわけではありません。
莫大な範囲をまともに勉強していたら・・・終わった頃には年齢制限に引っかかってます(笑)
つまり「的を絞った勉強が大事」です。
じゃあ何を勉強すればいいのよ??この野郎(怒)パソコンのディスプレイにツバかけているお兄さん

まあ興奮しない。
そこで過去問の出番なのです。基本的に公務員試験でも入試でも、勉強の基本は過去問なのです。過去問を解いて、どの範囲がどういう風な形で出題されているのかを知ることが効率よく学習を進めていく近道なのです。

おそらく今までの学習方法は
基本書(テキストとか理解本)を読む→過去問を解く
の方が多いと思いますが、そんなの時間のムダ

過去問を解く→分からないとこや知識があやふやなところを基本書で確認する。これが時間を短縮する効率のいい方法ですね。基本的には過去問は解くものではありません。
最初から解けるのなら、勉強なんて必要ないですから。

過去問は最初から答えを見て覚える

要は教科書代わりとして読み込むのが大事!!間違ってる肢を訂正する正文化をオーナーはやってました。そして数ある過去問集の中でもオススメはスー過去(新スーパー過去問ゼミ2)
極端に言えば、このスー過去を完璧に潰せば試験合格です!!オーナーもスー過去しか解いてません。公務員試験の過去問は結構な数が市販されてますが、使えないカスのような過去問もあります。そういったものを使わないようにするのが大事。

つまり独学で合格を目指すのであれば、テキストや過去問選びが重要なのです。じゃあ何のテキストや過去問使えばいいのよ??このイカ野郎(怒)と切れてるお姉さん方・・・ちゃんと説明しますので許してくださいm(_ _)m

オーナーの独断と偏見のもと、使えそうな過去問は後で書きます。そして過去問を繰り返し何度も読み込むのが勉強の基本です。公務員試験勉強は一部の科目を除き、解くよりも覚える作業の繰り返しなのです。

本試験では過去問の焼きまわしみたいな問題がほとんどなのです。分からなくても条件反射で答えが分かればよいのですから。学校の試験で、一夜漬けとかやって試験に臨んだ方って多いと思いますが、試験が終わった後はキレイさっぱり忘れているのがほとんど。でも一気に詰め込む作業が大事です。俗にいう短期記憶ってやつですが、これを長期記憶にすればいいだけの話です。
じゃあ長期記憶にするには・・・一気に知識を詰め込み、少し期間を空けて再度復習していけばよいのです。

復習を制する者は、試験を制すのです
0
タグ: 公務員試験




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ