2014/2/28

勉強のインプット作業とアウトプット作業  効果的学習法

学力を上げていくためには、勉強のインプット作業とアウトプット作業を意識しておかなければなりません。


インプット作業とは、新しい知識を理解して覚えること。アウトプット作業とは、覚えた知識を使ってみることです。受験勉強ではどちらも大事で、車の両輪みたいなものです。


いま自分はインプット作業を行なっているのか、アウトプット作業を行なっているのかを意識しておくことが重要です。一般的には、インプット作業を行ったら、あまり時間を空けずにアウトプット作業を行うのが、勉強のコツです。復習も兼ねて、身につきやすいからです。


ただ、受験勉強のスタートから試験日直前までを見ると、最初はインプット作業が中心で、後半はアウトプット作業が中心になります。当然、そうならないとおかしいでですよね。


受験では分厚いテキストや参考書で勉強する事も多いため、ものすごい大量の知識を覚えなければならないので大変だ!と思っている人がいます。でも本当は、アウトプット作業で応用力を養成するプロセスの方が時間がかかって大変なのです。インプット作業に多くの時間を使いすぎないように、計画的に勉強しましょう。



0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ