荒法師なBLog

・荒法師な部屋 鉱石、アマチュア無線が主な内容ですが、いわいる「ラジオ方言」が多用されていますので、一般の方には読みにくいと思われます。ぽちぽちと交信しますので、よろしくお願いいたします。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

他サイト

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:JQ1BVi/Gaku
今さらながら思うのは、1980年代って
何でも結構いい物が出ていましたよね。
今は耐久性犠牲した安物ばかり。
ニコンのカメラレンズのバヨネットが
割れた時には唖然としました。
無線機も同様。IC756のメインノブは
ちゃんと作っていましたが、Pro以降は
重りのないタッチの軽い安物になって
しまいました。
皆が見る目がないから安物ばかりにな
ってしまうのでしょうね。
意外とこんな目線で見ると、まだまだ
商機があるのかもしれません。
投稿者:JL1BYZ
個人的には、タイピングのスピードがある程度必要な場合にはフルサイズであるべき、と言うよりもある程度のキーの大きさ&間隔が必要だと感じてます。間隔が狭いと正確にキートップを捉えられず隣のキーも押してしまう、等自分のタイピングが下手なだけかもしれませんけど .....

それと、最近のよりも昔のキータッチが好きです。という事で、無線機の前にはある程度のスペースも確保できることもあり、無線用PCには(多分)昔々のIBM PS2用101Keyを使ってます。(メイン機には、更に古い純正 IBM PC/AT 付属のです)

これ、大きくて意外と重いので、タイピング中に動く事も殆どなく重宝しています。もっとも、職場で使っていた時には「カチャカチャうるさい」と言われた事があったりしますけど。

http://blog.goo.ne.jp/jl1byz
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ