脱オタ>正しい姿勢、姿勢を良くす  


長じかん同じしせいで座っていると腰痛になりやすいため、運転手さんやデスクワークをしている人は腰痛対策がひつようです。

腰痛用の椅子は、座っている時でも、直立にちかいしせいを保つことで、腰への負担を減らすことが可能になります。

腰痛用座いすは、角度調節ができるものが多く、時分に最適な角度をみつけることが可能です。

同じしせいでいることで、腰周りの筋肉に負担がかかり、腰痛をひきおこしてしまいます。

腰痛用の椅子を選ぶポイントとしては、椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減するために、背持たれが後ろに傾くタイプのもの、腰の部分が曲線になっていて、こしまわりをサポートしてくれるもの、座面のそざいが柔らかすぎないもの、長じかん同じしせいにならないように、座幅のひろいものを選ぶと良いでしょう。

腰痛用の椅子には、低反発そざいをしようしたもの、マッサージきのうが備わっているもの、骨盤のゆがみをきょうせいしてくれるものなど、数多くの種類があります。

また、座っている状態からたちあがる時にも、腰をまげるひつようがない構造になっている為、腰への負担を軽減できるのも、おおきな特質の一つです。

腰痛用の椅子の中で、ダントツの人気を誇るのが、座椅子タイプになります。

どんなにいしきしてしせいをよくしようとしていても、座っている椅子の高さ・形・そざいなどにより、知らず知らずのうちにしせいが崩れて、腰痛をひきおこしてしまうこともすくなくありません。

椅子に座れば腰痛が楽になると思われがちですが、逆に、背中が丸まってしまうことなどから、経っているときよりも腰への負担はおおきくなります。

また、高さの調節ができる肘掛があるとべんりです。

時分に合った角度に調節することで、椅子と体に隙間がなくなり、腰痛が楽になるでしょう
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ