神戸市の「からだバランス整体」 姿勢  


刺青と体調ふりょう・障害の関係刺青をなおすひつようがあるということは、身体のばらンスが崩れてしまっているということでもあります。

まず、血行が悪くなるというのは大問題です。

また腰痛に関しては、骨盤の歪みがげんいんでおきてしまっていることもあります。

これも血行の悪さが関係しています。

それは、身体のいろいろな不調に繋がっていきます。

手足などに血が正しくおくられなくなってしまうと、ひえ性のげんいんになることもあります。

身体を横から見た際に腰からまるくなっている人は骨盤ベルトを遣い、骨盤を正しいいちにもどしてあげましょう。

しかし背中がまるくなってしまうと、自然に肩が前側に閉じる形となります。

これは、特にじょせいで悩んでいる人が多いかもしれませんが、猫背をきょうせいしてひえ性も同時に治ったという例はおおくあります。

また、おもったより悪い体制なのに刺青をなおすことをせずそのどおりでいると、脳のはたらきが低下してしまう怖れまであります。

脳は、酸素がなければ活動することが出来ないというのは有名な話ですよね。

想像しただけでもわかりますが、そうなったばあい、肺があっぱくされてしまいますよね。

それから、ずつうや腰痛に悩んでいる人も、刺青をなおすことで症状が緩和したり、改善する可能性が高いです。

つまり、肺にいれることが出きる酸素量がへるということでもあるため、結果的に脳に回る酸素も減ってしまいます。

これは集中力の低下にも繋がってしまうので、勉強が進みづらくなったり、しごとでしっぱいしてしまうこともふえてしまうでしょう
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ